daikon (15).jpg
ダイコン、太ってくると嬉しいですね


ダイコンは長い根が太りますので、土を耕したり
肥料をまいたりする際は、できるだけ深くよく土を耕し、
用土を細かくしてあげましょう。

土の中に石や土の塊、堆肥の塊などがあると
根が当たって枝分かれし、形がいびつになったり、
二股に分かれたりすることがあります。


daikon.jpg
ダイコンの葉も味噌汁、漬け物、サラダに最適♪


◎ダイコンの葉が伸びない理由
ダイコンのタネまき後、いったんは芽が出ても、
その後伸びる気配がないことがあります。

そのような時は、株の中心の芯の部分(成長点)を良く見てください。
小さな虫がいるようなら、その虫が生長点を
食べてしまった恐れがあります。

いったん生長点を食害されてしまうと、
株はそれ以上大きくなることができません。
早めに引き抜いて、すぐにタネをまきなおした方が良いでしょう。

予防としては、タネまき後すぐに防虫ネットなどを
トンネル掛けするのが効果的です。


daikon (13).jpg
ダイコンの間引き菜=つまみ菜も、サラダやスープにおいしいです


■ダイコンが太らない理由は?

ダイコンの根が太くならない原因の一つには、
十分な株間をとっていないことが考えられます。

株間は最低でも30cmはとりましょう。

また、タネは1ヶ所当たり5〜6粒まいて
間引きながら育てますが、葉が伸びてくると
2株あるのに気づかないこともあるので、
間引く際はよく根元まで観察して、
きちんと1本立ちさせるようにしましょう。

また、ダイコンの秋まきの場合は、
タネまきの時期が遅すぎた可能性もあります。

秋冬野菜の栽培は、タネまきや苗の植え付けの時期が
ほんの1週間遅れるだけで、収穫の時期が大幅に遅れ、
品質も落ちてしまうことが良くあります。


適期が分からない場合は、園芸店や地域の農家、農協などに聞いて
確認すると良いでしょう。

ちなみにダイコンのタネまき適期は、関東地方の場合は
8月下旬〜9月上旬です。


burinew2.jpg
鰤ダイコンも格別の味です


>>ダイコンの育て方(地植え)はこちらです
>>ダイコンのプランター栽培はこちらです

[ダイコン] ブログ村キーワード
 カテゴリ
 タグ