Broccoli (1).jpg
ブロッコリー、採り立てほどおいしいものは、ありません


ブロッコリーはカリフラワー同様、花蕾を食べますが、
脇蕾も育てれば食べることができます。

ブロッコリーはビタミン、ミネラル類が豊富な健康野菜として
知られていますが、実は茎の方が花蕾より栄養が豊富なのです。

皮を厚く剥き、加熱すれば、茎もおいしくいただけます。


■ブロッコリーの栽培時期は?

ブロッコリー栽培には、
春まきと夏まきの2つの栽培法があります。

初心者には、8月に植え付けて、年内に収穫し、
引き続き2月頃までわき芽を収穫する、
夏まき秋冬どりがオススメです。 


春まきの場合は、収穫時に気温が上がり、生育適温を
超えてしまうので、わき芽の収穫が難しいためです。


Broccoli (2).jpg
ブロッコリー、夏まきのほうが育てやすいです


■ブロッコリーの夏まき栽培方法

・タネまきと間引き
7月中旬〜8月上旬、ポットに3粒ずつタネをまき、
たっぷり水やりをします。

本葉2枚になったら、1本に間引き、本葉5〜6枚まで育苗し、
8月中旬〜9月上旬に植え付けます。

・用土
ブロッコリーは酸性土壌を嫌い、肥えた土を好みます。
植え付け2週間前までに1u当たり1握りの苦土石灰をまき、
深く耕します。

植え付け1週間前になったら、元肥として1uあたり
堆肥200〜300gと、化成肥料2握りを施し、
幅70〜80cmの畝を作ります。

・植え付け
植え付けは、朝夕の涼しい時間帯に行います。
株間40〜45cmで植え付け、深植えにならないように注意します。
植え付けたら、たっぷりと水やりをしましょう。

・追肥
植え付け後、1〜2週間後から、3〜4週間ごとに2〜3回、
追肥を施します。

1回目は株間に軽く1握りの化成肥料を施し、
軽く耕して土を寄せます。

2,3回目の追肥は、路肩に施します。

・収穫
花蕾が10〜14cmほどの大きさになったら収穫適期です。
早生種なら、10月中旬から収穫できます。

側花蕾(小さな脇芽)も収穫できるので、頂花蕾を収穫した後に
追肥を施し、適期になったら順次収穫します。

[ブロッコリー] ブログ村キーワード

>>ブロッコリーの育て方(地植え)はこちらです
>>ブロッコリーのプランター栽培はこちらです
 カテゴリ
 タグ