minitomato.JPG
シシリアンルージュ、皮が薄く生食、加熱用にも美味しいです


tomato3 (4).jpg
ミニトマトの皮も軟らかく育てられます


トマトの皮が硬いと少し残念ですね。
柔らかく美味しく育てる方法をご紹介しましょう。


トマト硬い理由は?

トマトの皮の硬さは、品種によってだいぶ異なります。

スーパーなどで売っているトマトは、
ハウス栽培用の皮の軟らかい品種のトマトが多いのですが、
露地栽培を前提とした家庭菜園向けの品種は、
実が裂けにくい皮の厚い品種が多いです。

また、同じ品種でも、成長のスピードによって、
皮の軟らかさも異なってきます。

トマトの実を早く大きく成長させると、
皮は軟らかくなりますが、
じっくり育てると、硬くなる傾向があります。


tomato3 (2).jpg
トマトが鈴なりです


トマト軟らかく育てるには?

1.皮の軟らかい品種を選ぶ
桃太郎、ラークナファースト、ルネッサンスなどは、
皮は軟らかいですが裂果しやすいという難点もあります。


momotaro.JPG
桃太郎ファイト、皮が薄く安定した草勢で育てやすく、味も最高です


2.栽培のスピードアップ
トマトの土作りや追肥などの管理をしっかり行い、
株を丈夫に育て、生長のスピードアップを促せば、
家庭菜園向けの皮の厚い品種でも、
ある程度、皮が軟らかくなります。

3.夏から秋には良く日に当てる
さらに、夏から秋は、夜の温度が低く、
トマトの皮が硬くなりやすくなります。
秋のトマトの収穫は、実の上の葉を取り除き、
日光によく当てるようにすると収穫が早められます。

4.適切な摘果をする
実が多い場合は、摘果をして、
果実に栄養が行き渡るようにします。

5.水やりを一定に保つ
乾燥させ過ぎたり加湿になり過ぎると、
生長のバランスが悪くなります。
とくに実がなり始めたら適切な水やりをします。

>>トマトの育て方(地植え)はこちらです
>>トマトのプランター栽培はこちらです
>>ミニトマトの栽培はこちらです
 カテゴリ
 タグ