tomato (1).jpg
トマト、色づきはじめます


トマトは、一般的に苗を購入して植え付けますが、
なぜタネを直接菜園にまかないのでしょうか?

それは、トマトは育苗期間が2ヶ月間もかかる上、
2月〜3月の寒い時期にタネをまく必要があるため、
加温設備が整っていないと育苗が難しいためです。

また、苗から始めるのであれば、値段は高くなりますが、
連作障害の出にくい接木苗で栽培することも可能です。


tomatonae.jpg
C)野菜苗専門店 べるミンランド トマトの苗


トマト苗選びコツ

トマトに限らずどの野菜にもいえることですが、
苗のよしあしはその後の生育を大きく左右するので、
じっくりと見極めて、良い苗を選びましょう。

◎トマトの苗選びの6つのポイント
1.節間が詰まってガッチリしている
2.葉の色が濃く、茎が太い
3.子葉(双葉)が残っている
4.1番目の花芽がついているか、花が咲いている
5.根がしっかり回っているのがポットの底から確認できる
6.病害虫に侵されていない



トマト植え付けコツ

トマトの植え付けには、3つのポイントがあります。
@植え付ける時期、A苗の大きさ、B苗の向き、です。

@植え付け時期ですが、トマトは高温を好み、
生育適温は25〜30℃です。
そのため、十分に気温が高くなってから植え付けます。

温暖地なら4月下旬〜5月上旬、
中間地なら5月上旬〜中旬、
寒冷地なら5月中旬〜下旬が良いでしょう。

A苗の大きさですが、苗が小さすぎると、
茎葉だけが茂って実つきが悪くなる「つるボケ」の
状態になりやすくなります。

1番目の花芽がついているか、花が咲いている苗を、
植え付けます。

どうしても小さな苗しか入手できなかった場合は、
一回り大きなポットに一度植え替えて、
花芽がつくまで育ててから植え付けると良いでしょう。

B苗の向きですが、トマトの花芽は茎に対して
一定方向につく性質があります。

このため、花芽を通路側に向けて植え付けると、
管理や収穫作業が楽になります。


トマトの苗は浅植えにし、支柱を立てて固定し、
乾燥防止のため敷きわらで厚く覆います。

春先はまだ気温が低く、風も強いので、
「あんどん」や背の高いビニールトンネルなどで
苗を保護できればベストです。

植え付け前に、ポリマルチをしておいてもよいでしょう。

>>トマトの育て方(地植え)はこちらです
>>トマトのプランター栽培はこちらです
>>ミニトマトの栽培はこちらです