nasusibe.JPG
ナスの雌しべが雄しべより長ければ元気です


ナスは肥料食いの野菜として知られています。
追肥は、植え付けから2週間後に、
1u当たり30gの化成肥料をまき、その後、
20〜30日に1回のペースで同様に施すのが基本です。


ナス追肥方法回数は?

ナスは、たいへん肥料を好む野菜です。

家庭菜園に植えつけて約2週間後に、
油かすや魚粉、骨粉、鶏糞などの有機質肥料を、
1株あたり1握りか、緩効性化成肥料を、
株間に漉き込んで土寄せをしてあげます。
その後も、20〜30日おきに、畝間に追肥します。

プランター栽培では、
20日ごとに5〜6回追肥します。

上記のように追肥を施していても、
もともとやせ地だったり、砂質土などの場合は、
肥料不足になることがあります。

ナスの場合、株の栄養状態を知るには、
花を見るのが確実です。

花が大きくて色が濃く、雌しべが雄しべより長ければ、
元気に育っている証拠です。

反対に、花色が薄かったり、花が小ぶりだったり、
雌しべが雄しべと同じくらいの長さか、
雄しべのほうが長ければ、水分や栄養不足の状態です。

追肥と水やりをしてあげましょう。


ナス水やり頻度は?

菜園で野菜を栽培する場合、基本的に水やりは不要と、
いわれています。

しかし、ナスは乾燥を嫌うため、
真夏に雨が降らない日が続いた場合など、
土が乾いていたら、水やりをしてあげましょう。

水やりは、朝の涼しいうちに済ませるのが理想ですが、
ナスの場合は、夕方に葉の表裏にたっぷりと水をかける、
『散水栽培』をしてあげると、
アブラムシやハダニなど、害虫防止の効果があります。

>>ナスの育て方(地植え)はこちらです
>>ナスのプランター栽培はこちらです
 カテゴリ