savory-summer2.jpg
C)ハーブ苗の販売店【ハーブ&イタリア野菜】


タイムにも似た清涼感のある香りと
ピリッとした辛味が特徴的なハーブです。

科名:シソ科
別名:サマーセイヴォリー、キダチハッカ(和名)
英名:summer savory
性質:一年草
利用箇所:茎、葉

   
arrow46-011.gif栽培ポイント
1.夏の高温多湿を嫌うので、風通し良く育てます
2.アルカリ性の土質を好みます
3.日当たりが悪いと、徒長してしまいます



香りが強く辛味のある茎葉は、古くから
肉・魚料理や豆料理に利用されてきました。

特に、豆との相性は抜群で、
『豆のハーブ』とも呼ばれています。

ブーケガルニにすれば、様々な
煮込み料理に利用できます。

風味の強さを生かして、ハーブオイルや
ハーブビネガーなどにも利用されます。

ティーに利用することもありますが、
妊娠中は飲用しないようにしましょう。


■品種

サマーサボリーの仲間で、
低木のウインターサボリーがありますが、
一般的に利用されているのは
サマーサボリーのほうです。

ウインターサボリーもサマーサボリー同様に
利用できますが、ウインターサボリーの方が
香りが強いため、使いすぎないように注意が必要です。


■栽培管理

日当たりと水はけの良い場所を好みます。

・タネまきと育苗
4月〜5月がタネまき適期です。

ポットに培養土を入れ、指先で3ヶ所
軽くくぼみを作ります。
くぼみに1粒ずつタネをまきます。

種は非常に小さいので、
紙を折って種をのせるとまきやすいです。

土を薄くかぶせ、軽く押さえて土とタネを
密着させ、たっぷりと水やりをします。

高さ7cmくらいになったら、生育の悪い株を
ハサミで切って1株に間引きます。

・植え付け
5月〜6月中旬、高さ10cm以上の苗を
株間20cmで植え付けます。

サマーサボリーはアルカリ性の土質を好むため、
植え付け2週間前に、苦土石灰をたっぷり施しておきます。
1週間前になったら、元肥を施しておきます。

根鉢を崩さないように植え付け、株元に土を寄せて
軽く押さえ、たっぷりと水やりをします。

・追肥と土寄せ
植え付け1ヵ月後の5月下旬から8月中旬まで、
1〜2ヶ月に1回、追肥します。

1株あたり軽く1握り(約10g)の発酵油かすを
株のまわりに施し、土とよく混ぜて株元に寄せます。


bouquet garnix.jpg
ブーケガルニにも活躍します


■収穫

5月下旬〜8月、開花前後に収穫します。
株元から茎をハサミで切り取って収穫します。

花期は長いので、必要な分だけ
随時収穫しましょう。

乾燥させても香りは失われず残るので、
たくさんできた場合は、茎を束ねて風通しの良い
日陰につるして乾燥させてから、茎から葉をしごき取り、
採れた葉を密封容器などに入れて保存します。


■病害虫

病害虫の心配は、特にありません。