Dx.jpg
ダマスクローズが育てやすく用途も多く人気


ローズは観賞用として楽しまれることが多く、
たくさんの品種がありますが、
ハーブとして香りを楽しむ場合は、
主にワイルドローズ(野生種)や、
オールドローズ(古くからある品種)が
利用されます。

科名:バラ科
別名:バラ(和名)
英名:rose
性質:主に落葉低木
利用箇所:花びらと実

   

arrow46-011.gif栽培ポイント
1.日当たりと風通しよく育てます
2.水切れ、肥料切れに注意します
3.ドッグローズは、開花中は液肥を施します


花びらには収れん、消炎作用があり、
香りにはストレスを癒し、明るい気持ちに
させる効果があるとされています。


■品種

ダマスクローズ(ロサ・ダマスケナ)は、
ダマスク香が強く香るオールドローズです。

ダマスク香とは、いわゆる「バラの香り」です。
香水をはじめとする化粧品、アロマオイル、
芳香剤などで使われるバラの香りは、
ほとんどがダマスク香です。

ドッグローズ(ロサ・カニナ)は、
ローズヒップ(ローズの実)を使う
代表的なワイルドローズです。
実はビタミンCが豊富で、ティーなどに利用します。


Drose.jpg
ダマスクローズ、香りも良い


■栽培管理

ローズは苗を植え付けますが、春に植え付ける新苗と、
秋に植え付ける大苗があります。

新苗は、花付きで売られているので、
花を見て購入できるという利点があります。

ただし、根があまり充実していないため、
株を大きくするため、翌年まで花を咲かせないよう、
摘蕾をする必要があります。

一方、大苗は花や葉のない状態で売られるので、
カタログで花の様子を判断する必要があります。

大苗は根がしっかりしていて栽培しやすく
失敗が少ないため、初心者にも育てやすいです。
大苗の場合は、翌年には花を楽しめます。


・植え付け
新苗は4月上旬〜5月下旬、
大苗は11月上旬〜2月下旬に植え付けます。

植え付ける場所に、深さ60cm程度の穴を掘り、
乾燥牛糞スコップ2杯、発酵油かすなどの
有機肥料を400gほど入れ、土を少し戻して
肥料と土とをよく混ぜ合わせ、
山なりに土をならします。

元肥をたっぷり施しておくのがポイントです。

根を軽くほぐしてから植え付け、
土を9割ほどかぶせ、残りの土を
株のまわりにドーナツ状にして、
たっぷりと水を与えます。

・追肥と土寄せ
6月中旬〜7月下旬、花が終わったら追肥し、
12月上旬〜2月下旬に、翌年用の元肥として、
緩効性化成肥料を施します。

1株あたり軽く1握り(10g)の発酵油かすなどを
株の周りに施し、土とよく混ぜて、
株元に土寄せをします。

実を収穫するドッグローズの場合は、
開花中は週に1〜2回液肥を与えるとよいでしょう。

・支柱立て
枝が立ち上がらない品種は、
支柱を立てて誘引します。

6月上旬〜7月下旬、支柱を斜めに3本立て、
そのまわりに枝を誘引します。

とげがある品種は、怪我をしないように
皮の手袋をはめるて作業をするとよいでしょう。

・剪定
1月中旬〜2月下旬に剪定を行い、
春の生育に備えます。

古い枝や枯れた枝を取り除き、
シュートと呼ばれる新しく伸びた枝を、
全体の2/3を残して切ります。

このとき、外側に向いている芽 『外芽』 の
数ミリ上で切ります。
切り方は、斜めでも、水平でもかまいません。


■収穫

花は5月上旬〜6月下旬、
実は9月上旬〜11月下旬に収穫します。

花を収穫する場合は、開ききる直前の
朝のうちに収穫します。
花ごと摘み取り、花びらをばらして利用します。

実は、十分赤く熟してから収穫し、乾燥させます。
果肉を使うので、乾燥後は実の中にある種と毛を
取り除きます。


■病害虫

長雨にあうと病気になりやすいため、
ピートモスなどで株元を覆って、
雨で跳ね返った土がつかないようにします。
 カテゴリ