lavender (1).jpg


ラベンダーはポプリなどによく利用されていますが、
そのほかにも、ティーにして飲むこともできます。


ティー作り方

乾燥させたラベンダーの花粒5gを容器に入れ、
カップ1の熱湯を注ぎます。
2〜3分蒸らしたら完成です。

他のハーブとブレンドしてもよいでしょう。

ラベンダーの香りには、気持ちを落ち着かせる
効果が期待できますが、妊娠中は
使用しないようにしましょう。


ドライにする方法

ラベンダーは、花が数個開く頃が最も香りがよいので、
花が咲き始めたらすぐに収穫します。
晴天が続いた日の午前がベストです。

茎ごと収穫し、風通しのよい場所に
逆さに吊り下げておくと、簡単にドライになります。


lavender.jpg
さて、何を作ろうかな?


サシェピロウ作り方

ラベンダーの香りは、緊張や不安感を和らげ、
気分をゆったりと落ち着かせてくれるといわれています。

ラベンダーのサシェ(香り袋)を使えば、
いつでもラベンダーの香りを楽しめますし、
枕の下にハーブピロウを置けば、
心身の緊張を和らげ、
気持ちよく眠りに入る準備をさせてくれます。

サシェは、乾燥させた花粒を化繊綿に詰め込み、
綿ごと布の小袋に入れると、ふっくらと形のよい
サシェができます。

ハーブピロウは、乾燥させた花粒をティッシュでくるみ、
大き目のハンカチに包んでリボンで結んで止めれば
出来上がりです。


ラベンダーバンドルズ作り方

バンドルズ(bundles)とは、包み物・束という意味の英語です。
よく、ラベンダーの束にリボンを編みこんで覆ったものが
ありますが、それがラベンダーバンドルズです。

ラベンダーバンドルズに使うラベンダーは、
フレッシュでもドライでもかまいません。

水につけてやわらかくしてから使いますが、
このとき必ず奇数本にすることがポイントです。
11本が作りやすいでしょう。

1.ラベンダーは葉を取り除き、花と茎だけにし、
  水につけてやわらかくします。

2.ラベンダーを花の付け根で束ねます。

3.逆さにして、しばった糸のすぐ上で、
  茎を1本ずつ折り曲げます。
  このとき、つめで折り目をつけてから折り曲げると
  きれいに折れます。

4.リボンを、横糸のように交互に茎にくぐらせます。
5.花が見えなくなるまでリボンをくぐらせたら、
  巻き終わりをリボン結びにします。
  茎を適当な長さで切り取れば完成です。
  茎の先までリボンを巻いてもよいでしょう。

>>ラベンダーの分かりやすい育て方はこちらです