ame1.jpg


梅雨時に限らず、タネをまいた後に大雨が降ると、
水やりの手間が省ける反面、
雨で地面がかたまって発芽率が落ちたり、
タネが流されたりということもあります。


梅雨大雨の時のタネまきコツは?

梅雨時・大雨の時のタネまきは、
雨で地面がかたまり、発芽しにくくなることがあります。

とくにニンジンなど、もともと発芽率の悪い野菜では、
生長への致命傷になりかねません。

梅雨時や、雨の多い季節にタネをまくときは、
畑の表土をていねいに細かく耕してから、
タネをまきます。

覆土をした後、敷きわらをしたり、
新聞紙を掛けると効果的です。
水やりは、敷きわらや新聞紙の上からします。

敷きわらや新聞紙は、発芽したらすぐに取り除きます。
長い間かけっぱなしにしていると、
モヤシのようになってしまいます。

また、移植ができる野菜であれば、ポットや箱にタネまきし、
じょうぶになってから植え替えすることもできます。


傾斜地タネ流されないためには?

傾斜している畑の上土は、どうしても雨で流されるものですが、
少しでも被害を食い止めるには、雨が土にしみ込むように、
土壌改良するのが第一です。

堆肥を多く施して深く耕し、土を軽くします。
土壌改良剤を使用してもよいでしょう。

その後、畝を傾斜に直角に作り、
テラス(段々畑)にすると、タネは流されません。

傾斜が急な場合は、畑の下側(傾斜に対して下側)に、
小さいくいを何本か打ったり、板を差し込んで、
土止めをするのも効果的です。