yasai (3).jpg
土作りで収穫が決まります


yasai (2).jpg
土作りにはコツがあります


家庭菜園で最も基本的なことは、”土作り”です。
最初にしっかりと良い土を作っておくと、
野菜を育てやすく、とても元気に生長します!


瓦礫多く固い庭はどうしたらいいですか?

造成地に住宅を建てた場合、
大きな石や瓦の破片などの瓦礫が、
土の中に多く入っていることが多いです。

このような土の場合、野菜作りは困難で、
特にダイコンやニンジンなどの根菜類は、
又根になったりして、不都合です。

これらの瓦礫は、作業のつど根気よく掘り出して、
捨てるしかありません。

赤土は、保肥性と保水性がよいのですが、
反面、通気性や排水性が悪いという欠点もあります。

腐葉土やピート、堆肥などを大量に混ぜ、
土質を改良すれば、植物の栽培に適した土に、
生まれ変わります。


田んぼ埋立地で、水はけ悪いのときの対策は?

田んぼの埋立地に建てた家のなかには、
水はけが悪く、まるで湿地のような庭もあります。

水はけの悪い湿地の土の粒子の隙間には、
空気ではなく水が入り込んでいるため、
こうした土は通気性が悪く、土の酸素が不足して、
根が腐ってしまいがちです。

このような土の場合は、土の中の水を抜いて、
空気を入れることがポイントです。

まず、畑とする場所に縦横十文字に、
深い溝を掘って水を集め排水します。

次に、湿地の土は一般的に粘質の重い土壌が多いため、
堆肥をたくさんすき込んで土を軽くし、土壌改良します。

[家庭菜園] ブログ村キーワード