スポンサードリンク

2012年04月04日

コールラビの食べ方、調理法は?

ko-rurabi.jpg
コールラビ


コールラビ(Kohlrabi)はまだ日本では、
あまりなじみがありませんが、人気が出てきています。

コールラビの語源はドイツ語で、コールはキャベツ、
ラビはカブの意味で、キャベツの仲間です。
根元に近い茎のふくらんだ部分を食べる野菜です。


Kohlrabi (1).jpg
コールラビのバターソテー


Kohlrabi.jpg
コールラビのサラダ


コールラビ食べ方は?

コールラビの風味や食感は、ブロッコリーの茎や
キャベツの芯に似ていると言われます。

実際にブロッコリーの茎やキャベツの芯を
食べてみると、意外とやわらかくて甘味があるものです。

また、若い茎では、リンゴのようなサクサク感と、
みずみずしさもあわせ持っているため、
漬物にすると、やわらかくならずにパリパリ感があり、
とってもおいしく食べられます。


コールラビ調理法は?

下部はかたいので、1cmくらい切り落とし、
全体の皮をむいてから利用します。

収穫が遅れるとかたくなり、裂球することもあるので、
早めに収穫しましょう。

上記のように漬物にしてもおいしいのですが、
秋まきにして霜にあたったものは、
熱を通すと非常に甘味が増します。

早取りにしたものは漬物に、
霜にあたったものは加熱調理と、
使い分けると非常においしくいただけます。

甘味があるため、スープやシチューに入れたり、
ベーコンなどと炒めても良いでしょう。
クセがないので、どんな料理にも合います。

キャベツのような形をしている葉も食べることができます。

>>コールラビの分かりやすい育て方はこちらです

スポンサードリンク
posted by fuji at 17:19 | 根菜類