kabu.jpg
カブ、ずっしり重い収穫にしたいです


カブに「」が入ったり、空洞だったりする理由は?

カブにスが入ったり、空洞だったりするのは、
収穫が遅れたり、土壌が乾燥することによる、
生理障害です。

養分は根に貯蔵されますが、収穫遅れなどにより、
株そのものが老化すると、葉で養分を作る能力が低下し、
スが入ると考えられています。

生育後期の高温や乾燥でも、ス入りが早まります。
また、株間が広くて窒素やカリ肥料が多いと生育が早まり、
ス入りや空洞になることが多いといわれています。

収穫適期を逃さず収穫するようにしましょう。


カブ割ると中が黒ずんでいる理由は?


カブやダイコン等の根菜類の中が黒ずんでいるのは、
比較的よく見られる現象で、食べる上では問題ありません。

黒ずみの原因としては、微量要素の不足による生理障害や、
収穫時期に高温や低温にあうことによっても発生すると、
言われています。

そのため、化成肥料よりも堆肥や鶏ふんなど、
微量要素をバランスよく含む有機肥料を施し、
早まきや遅まきを避けて、タネまき適期に、
タネをまくなど、生理障害が起こらないようにすることが、
黒ずみ防止策になります。

>>カブの詳しい育て方はこちらです
 カテゴリ