gaityu1.jpg
ハスモンヨトウの幼虫


gaityu2.jpg
ハスモンヨトウの成虫


ハスモンヨトウ

例えば、サトイモの葉が太い葉脈だけ残して網目状になり、
丸坊主になってしまったのなら、
ハスモンヨトウの幼虫による食害です。

ハスモンヨトウは、多くの野菜、
とくにサトイモ、トウモロコシや豆類を食害します。

ハスモンヨトウの成虫は、数百個の卵を
ひとかたまりに産みつけ、幼虫は集団で、
サトイモの葉の裏側を浅くかじり、
葉は褐色の傷ができます。

幼虫は成長するにつれ分散し、
葉脈を残して葉肉を食害するようになり、
大量発生すると株全体が丸坊主になることもあります。

幼虫は体長2〜4cmで、ふ化したては、
緑色や、灰色、黒褐色のものもありますが、
一般的に成長するにつれて黒くなります。

8月下旬〜10月にかけてが、食害のピークです。
8月になったら葉の変色を気にかけ、
幼虫の集団を見つけたら、
葉ごと切り取って処分しましょう。

薬剤駆除をする場合も、成長した幼虫は、
薬剤に対する抵抗力が強いため、
できるだけ早い防除が有効です。

若齢の幼虫のうちにアディオン乳剤、トレボン乳剤、
などを散布し、防除しましょう。


wataaburamusi.jpg
ワタアブラムシ


sesujisuzume.jpg
セスジスズメの幼虫


ワタアブラムシセスジスズメにも注意

サトイモには、ハスモンヨトウのほかに、
ワタアブラムシやセスジスズメもつきます。

ワタアブラムシは体長1〜2mmの黄色や黒の小さな虫で、
数十〜数百匹集まって寄生します。
サトイモにつくアブラムシのほとんどは、
このワタアブラムシです。

ワタアブラムシは、針状の口吻を作物に刺して、
汁液を吸います。
新芽が吸われると、その部分に変形や萎縮がおき、
生育の遅れなどの被害が生じます。

防除は薬剤の散布が効果的です。
アクタラなどのネオニコチノイド剤で、
防除するとよいでしょう。

セスジスズメは体長2〜8cmで、
お尻に角のような突起があり、
体の側面に黄色の目玉模様をたくさんもった虫です。
体の色はほとんどが黒色ですが、緑色のものもいます。

葉を食い荒してボロボロにしてしまいます。

セスジスズメは体は大きいですが、発生は少ないので、
虫を見つけしだい捕殺します。