peanutD.jpg
ラッカセイ、実入りが良いとうれしいです


ラッカセイは受粉した花が子房柄を地中に伸ばし、
土中で実をつけるので、”落花生”と名づけられました。

土中にもぐってしまうので、
収穫適期を判断するのは、なかなか難しいのですが、
10〜11月頃、茎や葉が黄色くなって下葉が落ち始めたら、
ためしに1株掘り起こしてみましょう。

さやに網目が出ていたら、収穫適期です。

収穫した株は、軽く水洗いしてから菜園に積み上げ、
1週間ほど天日干しすると、おいしくなります。


rakkasei.jpg
ラッカセイの花もきれいですよ


ラッカセイ実入り少ない理由は?

落花生の実入りが少ない理由としては、
いくつか考えられます。

まず第一に、カルシウム不足が考えられます。
落花生は石灰(カルシウム)を多く必要とする植物です。

タネまきの2週間前までに、1uあたり5握りの、
苦土石灰をまき、よく耕しておきます。
豆類は酸性土壌に弱いため、石灰は多めにまきます。

次に考えられる原因としては、養分不足があげられます。
植え付け1週間前に、1uあたり化成肥料を3握り、
元肥として施し、畝を作ります。
ただし、肥沃な土地であれば、元肥は必要ありません。

逆に窒素肥料が多すぎても、葉ばかり茂るつるボケになり、
莢つきが悪くなります。
ラッカセイなどの豆類は、根に根粒菌がつき、
空気中の窒素を取り込むため、窒素肥料は控えめにしましょう。

収穫時期が早すぎると実入りが悪くなります。
葉色が黄色くなってから収穫します。
1株試しに掘りあげてみて、実入りを確認してから、
収穫すると良いでしょう。

>>ラッカセイの詳しい育て方はこちらです