sisonew300.jpg
シソは、いろいろな用途があって便利です


シソは日本の代表的なハーブです。
丈夫で、たいへん育てやすいため、
菜園に数本栽培しておくと、薬味などに重宝します。

土質もあまり選ばず、半日陰でも栽培できますが、
やはり日当たりがよく、水はけも良い、
やや湿り気の多い肥沃な土の方がよく育ちます。


シソのタネをまいたけど全然発芽しない理由は?

シソのタネの生命力は強く、こぼれタネでも発芽して、
一度植えると翌年からはあちこちに増えるほどですが、
いざきちんとタネまきをしようとすると、
うまく発芽しないことが良くあります。

一番良くある原因が、覆土が厚すぎたことです。 

シソのタネは光を好む性質があるため、
覆土が厚いと発芽しにくくなってしまいます。
また、タネまき後に乾燥しても発芽しにくくなります。

タネを早くまきすぎた可能性もあります。 

シソのタネの発芽には25℃以上必要で、
温度が十分でない時期に早まきしても芽は出ません。
シソのタネまき適期は5月〜9月です。

とはいえ、種を採取してすぐにまいても、
発芽しません。

シソのタネには休眠期間があり、
タネが完熟してから6ヶ月は休眠期間で、
発芽しないようになっています。

前年採種したタネをまくようにします。


シソタネ発芽しやすいまき方

タネまきの2週間前に、1u当たり2握りの、
苦土石灰を施します。

1週間前になったら、やせ地なら1uあたり、
堆肥バケツ1杯、化成肥料2握りをすき込み、
畝幅90cmのベッド畝を作ります。

ごく浅いまき溝を2条作り、タネをじかまきします。
覆土はごく薄くするか、覆土をしないで、
軽く手のひらで押さえる程度でも良いでしょう。

タネはかたくて水を吸いにくいため、
まく前日に一昼夜水に浸して十分吸水させておくと、
発芽しやすくなります。

発芽するまでは、乾かさないように水やりをします。

>>シソの詳しい育て方はこちらです
 カテゴリ