betobyou250.jpg
キュウリのべと病


べと病とは?

べと病(べとびょう、露菌病)は、
ブドウやキュウリエダマメなどの野菜に多く発生します。

最初は、葉に淡い黄色をした小さな斑点が表れ、
病気が進むと広い範囲が淡褐色に変わり、
ステンドグラスのような病斑となり、
葉裏にカビが生え枯れてしまいます。

べと病は葉の他に、葉だけでなく莢や種子にも発生します。

莢の場合は、莢に褐色の盛り上がった斑点ができます。
種子に発病した場合は、灰色がかった黄色の斑点ができ、
種皮にしわが寄り、亀裂ができることもあります。

べと病になった葉茎は晴天が続くと乾燥してパリパリに、
雨続きで湿度が高いとべとべとになります。
 
べと病の発生時期は、5〜7月、9〜10月です。


beto2.jpg
ブドウのべと病


べと病予防対策

べと病は、湿度が高い梅雨時などに、
多発しやすく広がりやすいので、
密植を避けて水はけを良くし湿度を抑えます。

べと病は、卵菌という菌の一種が原因です。
風通しや採光を良くし、マルチングや敷きわらで
水はねを防ぐとよいでしょう。

さらに収穫期で肥料切れの時期にも発生しやすいので、
肥料切れに注意しましょう。

畑や花壇では、梅雨と秋雨のときに、発病しやすいです。
この時期は発病初期に予防的に薬剤散布します。

薬剤散布は、葉の裏にもていねいに行うと効き目が違います。

一度発病した畑は深く耕して、
表土を深くすき込む必要があります。

収穫した野菜も、一見病気に侵されていないように見えても、
病原菌を保菌していることが多いので、
病気の株からは収穫せず焼却します。
 カテゴリ