Asparagus mi.jpg
アスパラガスの実、秋にタネを採取します


norak300.jpg
アスパラガスの花、雌雄異株です


アスパラガスは、タネから育てると、
収穫までに3年もかかってしまうので、
市販の苗や5〜6年生の根株を2〜3芽ごとに、
株分けして植え付けるのが普通です。

しかし、タネから育てることももちろん可能でし、
育て上げる喜びが大きく、とってもおいしく感じます。


アスパラガスタネから育てる方法

アスパラガスのタネまきは、2月下旬に行います。

タネまきの2週間前までに、1u当たり苦土石灰2握り、
堆肥バケツ2杯、化成肥料2握りを施し、
よく耕しておきます。

タネは、2昼夜水につけ、条間20cmのすじまきにし、
1cm程度土をかぶせます。
発芽までには2〜3週間から1ヶ月ほどかかります。

発芽後は間引きながら育て、夏ごろまでに
15cm間隔にします。

冬になって地上部が枯れたら、切り取ります。

5月中旬に、菜園に植え付けます。

アスパラガスは酸性土壌に弱いので、
植え付けの2週間前までに、苦土石灰を2握り施し、
よく耕し、120cm幅のベッド畝を作ります。

株間50cmで深さ30cmの植え穴を掘り、
各穴に堆肥バケツ半分、鶏ふんと油かす、骨粉を、
それぞれ1握りずつを元肥として施し、
5〜6cmの間土をかけておきます。

根株を間土をした上に根を広げるように置き、
5〜6cmの覆土をしたら、
敷きわらを敷いて乾燥を抑えます。

芽が動き始めたら、畝肩に化成肥料をばらまきます。

夏になったら支柱を立てて誘引し、茎葉を広げて、
日当たりよく育てます。

冬には地上部は枯れますが、根株は残ります。
これを4〜5年続けて株を大きくします。


asuparagasu.jpg
アスパラガス、いよいよ収穫。ほんと〜に美味!


アスパラガス収穫

タネまきから5年目の春、新芽が15〜20cmになったら、
地際をカマやナイフで切り取って収穫します。

全部刈り取ってしまわず、何本か残しておけば、
数年間収穫できます。

収穫後にはお礼肥として、油かすを施してあげましょう。