edamame new.jpg
家庭菜園のエダマメはみずみずしく味も格別です


マメ科の植物をうまく発芽させるのは難しいのですが、
中でもエダマメは難しい野菜です。

鳥害を防ぐためにネットを、
かぶせたりするのは、もちろんですが、
それ以外の対策は、どうすればよいのでしょう?


エダマメ発芽しない原因1地温

地温が低いと発芽前にタネが腐ります。
地域にもよりますが、4月以降、
地温が15℃以上になってから、
タネをまくようにしましょう。

地温が十分上がらない時期にタネをまく場合は、
ポリポットに2〜3粒のタネを、1cmほどの深さにまき、
ビニールトンネルの中で保温して発芽させます。

4月下旬になって地温が上がり、
本葉が2〜3枚になった頃、
畑に株間30cmで植え付けます。
植え付けたら、水をたっぷり与えましょう。


エダマメ発芽しない原因2水の与えすぎ

発芽には、湿り気が発芽するまで、
持続することが必要ですが、
マメ科の植物の場合、
タネまきのときに十分水を与えたら、
発芽まで水は控えます。

タネまきの前日に、1晩水に漬けると、
子葉や胚珠に発芽までに必要な水分を溜め込みます。

タネをまき、水を与えたら、双葉が開きかけるまで、
水を与えないようにします。


エダマメ発芽しない原因3タネが古い

エダマメに限らず、古いタネは発芽率が悪くなります。
新しいタネを入手するようにしましょう。

>>エダマメの詳しい育て方はこちらです