rosemary (1).jpg
ローズマリーと蝶


arrow46-011.gif栽培ポイント
1.苦土石灰で土の酸性を中和します
2.過湿を嫌うので、梅雨前に収穫をかねて
  刈り込みを行い、風通しの良い状態にします


ローズマリーは地中海沿岸を原産地とする、
常緑低木で、成長はゆっくりです。

肉や魚の臭み消しに使用されます。
その他にも、煮込み料理、スープ、サラダの風味付け、
ブーケガルニに、ビネガーやオイル、ハーブティーにと、
さまざまに活用できます。

”若返りのハーブ”とも言われています。


■品種

立ち木性とほふく性があります。
立ち木性は、成長すると高さが2mにもなります。


■栽培管理

日当たりと水はけの良い、乾き気味の場所を好みます。

株を増やすときや、古株になったときは、
新芽を挿し木か取り木します。

※取り木(とりき)
取り木とは、枝の途中から根を出させ、
そこで切り取ることで新たな株を得る方法です。
樹皮を一回り切除して、乾燥しないように、
ミズゴケなどで巻いて管理し、
根を出させてから切り取って植え付けます。

・タネまき
4月下旬〜5月、ヤエザクラの開花の頃、
タネまきをします。

発芽まで2週間ほどかかるので、
赤玉土などを用いて箱まきにし、
土が乾かないように水やりをします。

ローズマリーは発芽率が悪いので、
苗を購入してもよいでしょう。

・仮植え
草丈が3〜4cmになったら、3号ポットに仮植えし、
10cmになったら、5号ポットに植え替え、
そのまま冬を越します。

・植え付け
2年目の4月〜5月、草丈が10cmくらいになったら
植え付けます。

植え付け2週間前に苦土石灰をまいて耕します。

深さ50cmの穴を掘り、ゴロ土を下層部に入れて
土を山高に戻し、株間30cmで植え付けます。

・追肥と土寄せ
5月下旬〜6月上旬と、9月下旬〜10月上旬に追肥します。


rosemary.jpg
ローズマリー、鉢でも栽培できます


■収穫

混み合ったところを間引き剪定し、その枝葉を利用します。

ローズマリーは常緑なので年間を通して随時収穫できますが、
もっとも香りが高いのは開花前です。
この時にまとめて収穫して、陰干しして、
ドライハーブとしてもよいでしょう。


■病害虫

害虫はほとんどつきません。
むしろ、虫除けとして利用できます。
 カテゴリ