parsley (3).jpg
パセリ、プランターでもよく育ちます


パセリには病害虫がほとんどなく、
プランターでも大株に育てることができ、
収穫期間も長く、キッチンハーブとして、
1株あれば重宝します。

パセリはビタミンAとCの量が非常に多く、
細菌ではがん予防に効果があるといわれています。
鉄分も豊富で、独特の香りは食欲増進の効果もあり、
さらに消化を助ける作用もあります。

日当たりのよい場所を好みますが、
半日陰の場所でも育てられます。


parsley (2).jpg
鉢植えでも、観葉植物のように楽しめます


■栽培管理

・容器
容器は標準プランター以上であれば、よく育ちます。

・用土
標準の用土でかまいません。

・タネまきと育苗
タネまき適期は5月〜6月と、10月です。

根が太くまっすぐな直根性で移植を嫌うので、
直まきにします。

標準プランターなら1条、発泡スチロール箱なら
2条の点まきにします。

株間13cm、1ヶ所10粒くらいずつまき、
薄く土をかぶせます。

パセリは発芽するまで日数がかかるので、
乾かさないように毎日水やりをします。

本葉4〜5枚までに、1ヶ所1本に間引きします。

市販のポット苗を利用しても良いでしょう。

・肥料
最終間引き後に元肥を施します。
以後、30日間隔で追肥します。

パセリは、肥料はあまり多くを求めませんが、
長期栽培になるので、定期的に追肥をします。

8号鉢で15g、
標準プランターやレリーフプランターで20g、
発泡スチロール箱で40gを目安にします。

・水やり
表面の土が乾いたら、水やりをします。
過湿を嫌うため、1日1回で十分です。


parsley (4).jpg
パセリ、こんもりと小さな森のようです


■収穫

本葉12〜13枚になれば、収穫できます。
株の広がりは40cmにもなります。
外葉から1〜2枚かきとって食べます。

常に1株あたり葉を8〜10枚残して、
株の再生力を維持します。

春まきなら11月〜翌年4月、
秋まきなら翌年5月下旬〜10月と、
長期収穫できます。

夏は寒冷紗で遮光して葉焼けを防ぎ、
冬はビニルトンネルで保温すると、
品質のよいものが取れます。


■病害虫

病気には強く、ほとんど心配いりません。

キアゲハの幼虫がよくつきます。
葉の裏側をよく見て、見つけ次第捕殺します。