Asparagusnew (4).jpg
アスパラガス畑、きれいです


arrow46-011.gif栽培ポイント
1.苦土石灰をまいて酸性土を中和させます
2.発芽温度が高いので、苗から育てます
3.茎葉を育てて根を充実させます


アスパラガスは収穫できるようになるまで、
2〜3年ほど、時間はかかりますが、
一度植えてしまえば手入れはそれほど必要なく、
10年近くも収穫できます。

春になって出てくる新芽を食べます。
夏には観葉植物のような細い仮葉がでます。

ホワイトアスパラガスは、軟白栽培したものです。


■品種

「メリーワシントン500W」が最も一般的です。
最近では、より収穫率の高い「アクセル」
「スーパーウェルカム」「ポールトム」も人気です。


■栽培管理

新芽は小さくても、葉が広がると、
かなりスペースをとります。
タネまきから収穫までに2年以上かかるので、
苗を入手して植え付けます。

・植え場所
植え付け2週間前までに、苦土石灰を1uあたり2握りまき、
よく耕しておきます。

50cm間隔で植え穴を掘り、元肥として堆肥バケツ半分、
鶏ふんと油かす、化成肥料を各1握りずつ施して混ぜます。

アスパラガスは、長い期間をかけて、
深く根を張る植物ですので、一年草の野菜よりも深く、
50〜60cmの深さまでよく耕しましょう。

間土を5〜6cmの厚さに戻します。
畝幅は120cmにします。

・植え付け
5月中旬頃、冬に枯れた茎葉が萌芽する前の春植えが
活着がよいですが、秋植えもできます。

秋植えの場合は、初霜の頃1ヶ所2〜3株ずつ、
根を良く広げて根株が隠れるくらいの深植えにします。
敷きわらをして、乾燥を抑えます。

・追肥と土寄せ
アスパラガスは、植え付けから2年間は収穫せず、
株を養成します。

夏は支柱を立てて茎を誘引し、茎葉を広げて、
日当たり良く育てます。

秋になり、葉が枯れたら枯葉は刈り取ります。
刈り取った株は、病害虫の越冬場所になる
恐れがあるので、畑の外へ持ち出して処分します。

この時、畝の上に落ちた葉や雑草なども取り去り、
清潔にしておくと安心です。

寒さには強いほうですが、
地上部が枯れても根株は残っているため、
敷きわらはしておきます。

春になり、芽が出る頃の3月中旬と、5月下旬には、
路肩に化成肥料をばらまいて追肥をし、軽く中耕します。


・水やり
アスパラガスは乾燥に強く、過湿に弱い野菜ですが、
夏、乾燥が続くときは適度に水やりをします。

◎ホワイトアスパラガスの育て方
ホワイトアスパラガスは、
実はグリーンの普通のアスパラガスと同じ品種で、
新芽に日光が当たらないように軟白栽培したものです。

新芽に、やわらかい土を20〜30cmほどかぶせて育てます。


Asparagusnew (1).jpg
アスパラガスの収穫♪


Asparagusnew.jpg
ちょっとしたお料理も味が違います!


■収穫
3年目の新芽が15〜20cmになったら、
地際から切り取って収穫します。

春の追肥は今までどおり行い、
収穫後にもお礼肥をします。

何本かは収穫せずに成長させると、
8年ほど収穫が続けられます。

その後は株分けして作り直します。
雌雄異株で、太いほうが雄株です。


■病害虫

過湿になると斑点病などが発生します。

風通しが悪いと、
カイガラムシが発生することがあります。
幼虫は比較的薬剤が効きやすいので
早期発見、早期駆除を心がけます。
 カテゴリ