daikonA.jpg
ダイコン、収穫時期に採り遅れないように


ダイコンは冷涼な気候を好み、17〜20℃でよく育ちます。
しかし、10℃以下になると花芽分化がおき、
根の肥大が止まってしまいます。

そのため、生育適温に合った時期に栽培するよう、
タネまきの時期を逃さないことと、
季節に合った品種を選ぶことが、
ダイコン栽培のポイントになります。

その他には、ダイコンの根が太くまっすぐ伸びるよう、
土を深く、丹念に耕すこともポイントです。

また、良いダイコンを収穫するには、
収穫適期を逃さないことも大切です。
特に、収穫遅れには気をつけましょう。


ダイコン「す」入る理由防ぎ方

一般的に、ダイコンの収穫が遅れると、
すが入ってしまいます。

葉で作られた養分は根に移行して貯蔵されますが、
老化などによってその能力が落ちると、
すが入ってしまいます。
つまり、熟しすぎるとすが入るということです。

ダイコンを少しでも大きくしようと収穫を遅らせると、
結果的にすが入ってしまうということになりかねません。
すの入ったダイコンは、味も食感も落ちてしまいます。

ダイコンのすは、空気穴の役目をしています。
養分や水分が不足しても、すが入るので、
肥料切れ、水切れを起こさないように栽培しましょう。

また、生育の後期に温度が高かった場合や、
株間を広く取り、窒素・カリ肥料が多いと生育が早まり、
す入りになることが多くなります。
軽い土で栽培しても、根の生育が早くなって、
やはりすが入るのが早まります。

このように、根の生育が良すぎるとすが入りやすいので、
品種によっても違いがありますが、
特に春まきダイコンは、
収穫が遅れないようにすることが大切です。


根にすが入っている場合は、古い葉柄にもすが入っているので、
一番外側の古い葉をつけねから3cmほどのところで切ってみて、
中央が透いたようになっていれば、
根にもすが入っていることが多いです。

また、保存中に葉から水分が抜けるとすが入ります。
収穫したダイコンを保存するときは、
葉は早めに切り離しておきましょう。


>>ダイコンの育て方(地植え)はこちらです
>>ダイコンのプランター栽培はこちらです

[ダイコン] ブログ村キーワード