hakusaihozon.jpg
ハクサイを外葉で包みひもでしばる


ハクサイは、霜に当たると甘味が増します。
これは、寒さから身を守るための養分として、
葉に蓄えていたデンプンを、
甘味のあるブドウ糖に変化させるためです。

しかし、霜は本来ハクサイの大敵です。
収穫適期を逃して、いたずらにハクサイを霜にあてても、
傷んでしまうばかりです。


ハクサイ収穫適期収穫方法

12月に入ったら、手で結球の頭を押さえてみましょう。
グズグズせず、かたくがっしりとしたものが、
結球の完成したもので、収穫の適期です。

根元から包丁を使って切り取りましょう。


ハクサイ保存方法は?

ハクサイは1個が大きいため、収穫適期が重なると、
食べきれないということもあります。

収穫し切れなかったハクサイは、
関東以南のそれほど寒さの厳しくない地域なら、
完全に結球したものを外葉で結球を包みます。

そして、わらや紐で縛り、さらにわらや新聞紙などで、
まわりを覆って株元に深く土を寄せておけば、
1月末くらいまでおいておくことができます。

ただし、結球途中のものを同じようにしてしまうと、
生育が途中で止まり、中が腐ってしまうことがあるので、
必ず結球が完成したのを確認してから処理しましょう。

また、品種によっても異なります。
寒くなる前に収穫する早生系はもともと耐寒性がないので、
暖かい地域でも、年末〜1月初旬くらいまでしか持ちません。

冬以降に収穫する中生系や晩生系のハクサイなら、
縛っておけば1月下旬〜2月下旬まで持ちます。

寒さが厳しい地域では、株元から切り取っていったん収穫し、
外葉を取り除いて4〜5日陰干しした後、
1株ずつ新聞紙で包んで冷暗所に置けば、
1ヶ月ほどは保存できます。

このとき、寝かすより立てて保管した方が長持ちします。
新聞紙の代わりに、ビニール袋に入れてもよいでしょう。

雪が深い地域では、30pの穴を掘って、
埋めておいても保存できます。

 カテゴリ