BroccoliA.jpg
ブロッコリー畑です


BroccoliB.jpg
ブロッコリー、もうすぐ収穫です


arrow46-011.gif栽培ポイント
1.連作によわいので、連作は避けます
2.追肥と土寄せで、株を充実させます
3.葉を十分に広げて、養分を作らせます


ブロッコリーは側蕾も食べられ、
ビタミンやミネラルが、
特に豊富な健康野菜として知られます。

実は、栄養価が高いだけでなく生命力も高い野菜です。
買ってきたブロッコリーをしばらく置きっぱなしにしておいたら
黄色いかわいい花が咲いてしまったという、
経験をされた方も多いのではないでしょうか?

中心の花茎を切り取ってもわき芽が次々と大きくなり、
長く収穫を楽しむことができます。

また、早春まで株を育てると、菜の花によく似たつぼみができ、
菜花のようにおひたしなどにして食べることもでき、
季節によって、異なる味わいを楽しませてくれる野菜です。


Broccoli stick300.jpg
スティックセニョール、人気の品種です


■品種

早生種では「ピクセル」「海嶺」が、
中生種では「ハイツ」「グリーンパラソル」が、
中晩生種は「グリーンベール」「エンデバー」が、
人気です。

最近では茎ブロッコリーの「スティックセニョール」や、
「グリーンボイス」も人気です。

「スティックセニョール」を代表とする茎ブロッコリーは、
小さな蕾と柔らかく長い茎を食用にする品種で、
耐暑性に富み、夏季でも安定した収穫が期待できます。


■栽培管理

肥料を良く吸収して20℃前後で生育し、
寒くなると花蕾がつきます。

・タネまき
早春に種をまいて夏に収穫する春まきと、
夏の終わりに種を撒き、冬に収穫する秋まきがあります。

春まきは、害虫が活発に活動している時期と重なり、
防虫害対策が、とってもたいへんなので、
7月中旬〜下旬にタネをまく秋まきがおすすめです。

タネまきの2週間前までに苦土石灰を1握りまき、
良く耕しておきます。

1週間前になったら、畝幅を60cmとし、
畝の中心に深さ20cmの溝を掘り、
1u当たり堆肥バケツ1杯と、化成肥料1握りを施し、
土を戻します。

タネは、30cm間隔で3〜4粒ずつまき、
軽く土をかぶせておきます。

・間引き
発芽したら、早めに間引きし始めます。
本葉5枚までに、1ヶ所1株にします。

最近、スーパーなどで、ブロッコリーのタネを
カイワレ大根のように発芽させたものが、
”ブロッコリースプラウト”として売られていますが、
同様にサラダなどにして食べることができます。

・追肥と土寄せ
花蕾が形成される前に、
いかに株を大きくするかで花蕾の大きさが決まるので、
植えつけ後の追肥・土寄せが重要です。

本葉が10枚程度になったら、
株間に軽く1握りの化成肥料を施し、
軽く中耕して土を寄せます。

その後、液体肥料を水で500倍に薄めて、
1週間毎に2〜3回与えます。

第2回目の追肥は、その1ケ月後、
土寄せとあわせて、同様に肥料を与えます。

低温期に肥料切れを起こすと、
アントシアニンの発生により赤紫色になりますが、
食べる事には問題はありません。


BroccoliX.jpg
サラダはもちろん、ホワイトシチューにも美味です


■収穫

花蕾の直径が12〜15cmになったら、
栄養の多い茎も10cmくらいつけて切り取り収穫します。

わき芽の花蕾が肥大してくるので、
それも随時収穫できます。

頂花蕾を収穫した後に追肥を行うと、
わき芽の成長が良くなります。


■病害虫

アブラムシやアオムシ類の防除に気をつけます。
卵の段階で見つけて取り除いてしまえるよう、
こまめにチェックしましょう。

高温多湿では苗立ち枯れ病や軟腐病、
肥料切れになるとべと病が出やすくなるので、
注意が必要です。