peanutA.jpg
ラッカセイの収穫です


peanutB.jpg
ラッカセイの畑


peanutD.jpg
ラッカセイを干しているようすです


arrow46-011.gif栽培ポイント
1.高温乾燥、砂質土を好みます
2.開花後は、中耕して土寄せをします
3.収穫後は天日干しをします
4.実入りは苦土石灰が決め手です


ラッカセイは南アメリカのアンデス地方が原産といわれ、
高温乾燥の気候を好みます。

”落花生”という名のとおり、
受粉すると子房柄(花の根元)が、
土中にもぐってさやをつけます。
そのため、霜に弱い性質があります。

スーパーなどで一般的に売られている、
ラッカセイは煎ってありますが、
最近では産地でしか食べられていなかった、
塩ゆでも人気があり普及してきました。


■品種

「ナカテユタカ」「千葉半立」が最も一般的です。
「郷の香」は塩ゆでに向いています。

食品として売られているラッカセイは、
煎ってあるので、発芽しません。


■栽培管理

砂質土のような水はけの良い土を好み、
25〜30℃で良く成長します。

発芽温度が地温20℃以上必要な上、
タネは鳥やネズミなどに食べられることも多いので、
苗を育ててから植え付けます。

・タネまき
5月上旬ごろ、3号ポリポットに川砂を入れ、
タネは殻から取り出します。
薄皮をつけたまま1晩水に浸けたタネを2粒、
横向きにして2cmの深さに埋めます。

水やりをしたら暖かい場所に置き、
ビニールなどで覆って保温します。
落花生のタネは極端な水を嫌う性質をもっていますので、
水やりは少なめにします。

3〜4日で発芽したら、1週間に1回、
薄い液体肥料を施して、本葉3〜4枚まで育てます。

・植え付け
1uあたり苦土石灰5握りを施し、
70〜80cm幅の畝を作り、良く耕します。

元肥は、肥沃地では控え、
やせ地では、1株あたり1握りの化成肥料を、
溝に施してよく土と混ぜ、
掘った土を埋め戻します。

2本立ちのまま植え付けます。
立ち性種なら株間20cm、
ほふく性種なら株間30cmで定植します。

・追肥と中耕、土寄せ
開花が始まったら、子房柄がもぐりやすいように、
除草して中耕、土寄せします。
雑草よけに敷きわらをしても良いでしょう。

生育状態がよくないようなら、
除草後に化成肥料などを追肥として施しておきます。

・水やり
落花生は乾燥を好み、水をそれ程必要としませんが、
子房柄が土に差し込んだ時に土が乾燥しているような場合は、
水をまいて上げましょう。

土の中でできたさやの中は、
まるで水を含んだ“ゆりかご”みたいになっていて、
その中で豆を育てています。
あまりに乾燥するとそのゆりかご内の水が不足し、
豆の生育に影響を及ぼします。

そのため、子房柄が差し込んだら、
2〜3回水やりをしてあげましょう。

px.jpg
ラッカセイの花


peanutC.jpg
ラッカセイの花のアップです、かわいいですね


■収穫

10月〜11月に茎葉が枯れ始めたら試し掘りをし、
さやに網目ができていたら全体を掘り上げます。

さっと土を落とすように水洗いして畑に積み上げ、
寒風にさらして天日干しにするとおいしくなります。

また、水洗い後、さやごと塩ゆでにしてから、
豆を取り出してもおいしく食べられます。
塩ゆでは日持ちがしないので、冷蔵庫に入れ、
早めに食べましょう。

煎る場合は、さやのまま中火で油をひかず塩を少し加えて、
フライパンで約30分程煎り ます。
落花生の香りがしてきたら食べ頃です。

さやを割ったムキ実でも同様にしてできますが、
こげやすいのでフライパンを常時動かしながら煎ります。


■病害虫

コガネムシはさやを食害します。
未熟な堆肥などを使うと発生しやすくなるので、
元肥に気をつけます。

空さやが多い場所では、苦土石灰の散布も効果があります。
石灰分が不足すると実入りが悪くなります。

黒渋病や褐斑病はベンレート、トップジンM、
ダコニールで防除します。