goya020.jpg
ゴーヤは狭い場所でも元気に育ちます


ゴーヤは暑さが大好きな高温性の野菜で、
夏に非常に旺盛に生育します。
病気にもとても強いため、作りやすい野菜です。

ゴーヤ特有の苦味成分は、胃の調子を整え、
食欲を増進し、血糖値を下げる働きがあるとされています。
疲労回復に役立つビタミンCやカロテンも豊富で、
まさに夏バテ予防野菜といえます。

エコや節電のために、ゴーヤの緑のカーテンも注目されています。
ゴーヤのプランター栽培の方法をご紹介しましょう。


■栽培管理

・容器
ゴーヤの根はよく張るので、
容器は最低でも9号鉢以上の大きさが必要です。

より多く収穫したいなら、発泡スチロール箱や、
深型標準プランターなど、
深型・大型の容器を使用しましょう。

・用土
土は標準の土や古土でも良く育ちます。
ただし、連作を嫌うので、古土を再利用するときは、
3〜4年はウリ科の植物を、
栽培していない土を使用しましょう。

・タネまきと育苗
ゴーヤの生育適温は17〜28℃で、
寒さに弱いので早まきは避けます。

育苗する場合は、
4月上旬にセルトレイにタネをまきますが、
保温が必要なので、市販の苗を購入した方が容易です。

定植は、5月上旬に、
本葉2〜3枚の若苗を植え付けます。

直まきする場合は、4月中旬に株間20cm、
1ヶ所あたり2粒で点まきし、
4月いっぱいはトンネルで保温します。

本葉2枚までに、ハサミを用いて間引きします。


goya005.jpg
標準プランターで1株、ジャンボプランターで2株を目安に植え付けます


・肥料
ゴーヤは肥料をよく吸収するため、
肥料切れに注意し、追肥は必ず定期的に施します。

定植時に元肥を条溝施肥し、
以後20日おきに、
同じ場所に6回追肥します。

9号鉢で15g、深型標準プランターで20g、
菜園プランターや発泡スチロール箱で40gを目安にします。

・水やり
ゴーヤは夏に旺盛に成長するため、
水もたくさん必要とします。

朝はもちろん、夕方 土が乾いているようなら、
もう一度水やりをします。

・整枝と誘引
ゴーヤは子づるや孫づるに花をつけるので、
本葉5枚まで成長したら、親づるを摘芯します。

その後、下の節から子づるが伸びてくるので、
元気のいい3本を伸ばし、残りは摘み取ります。

緑のカーテンにする場合は、子づるは摘み取らず、
摘芯して孫づるの数を増やします。

摘芯後は早めに支柱を立てて、子づるを這わせます。
自分で巻きひげを伸ばしてくっ付いていきますが、
均等になるよう誘引してあげても良いでしょう。


goya001.jpg
時々誘引すると、綺麗に茂ります


茂りすぎたら、適宜つるを間引きし、
日当たりと風通しを良くしてあげます。

生育後半になると下葉が老化して枯れてくるので、
かき取って株を清潔に保ち、風通しをよくします。


goya aemono.jpg
ゴーヤの和え物、ミョウガとよくあいます


■収穫

ゴーヤは、雄花と雌花に分かれる雌雄異花です。
露地栽培なら昆虫が受粉してくれますが、
マンションの高層階など昆虫があまり来ない環境では、
午前中に人工授粉をします。

果実は、プランター栽培の場合は、あまり大きくすると
樹に負担がかかるので、若どりにします。
若どりしたほうが数が多く取れ、多収になります。
夏の適期なら、開花後2週間程度が目安です。

品種特有の長さよりやや短いうちに収穫します。


■病害虫

病虫害にはとても強いです。
アブラムシがつく場合がありますが、見つけ次第
除去する程度で大丈夫です。
 カテゴリ