aburamusi.jpg
アブラムシ、発見したら、すぐに対策します


tentomusi.jpg
ナナホシテントウムシがアブラムシを退治してくれます


アブラムシ、家庭菜園をしている方には、
とってもしつこく病気を媒介する困った虫ですね。

アブラムシは小さいため、防虫ネットをかけても、
どこからともなく入り込んでしまいます。
放っておくと、爆発的に増えることもあります。

花木などで、食用にしないのなら、
規定量の農薬を使うのも良いですが、
野菜、とくに葉ものなど、
じかの食用にするものには、
農薬は使用したくないですね。

安全だと言われている農薬を使った野菜と、
まったく使用してない野菜を食べ比べてみると、
無農薬のほうが、断然おいしいです。


アブラムシ 無農薬での防除駆除方法

農薬を使用せず効果の高い方法です。

1.手で捕獲する
アブラムシが少ないうちに発見したら、
薄いゴム手袋などをして、潰したりそぎ落とします。
虫が苦手な方もいると思いますが、
野菜たちが良い花と実をつけるためだと考えて、
頑張って、実行しましょう。

2.テープでとる
アブラムシのたかっているところを、
クラフトテープ、セロテープなどで、
軽く押さえるようにして取り除きます。

3.牛乳、ビールをスプレーする
牛乳、ビールを2倍くらいに希釈してスプレーします。
牛乳は乾いたらホースや散水機の水で洗い流します。
ビールは、そのまま放置し、
日常の水やりをして、さしつかえありません。

*石鹸や砂糖水も同様の効果がありますが、
石鹸は食用の植物ですと、風味が損なわれることもあります。
砂糖水はアリを呼び寄せるので、あまりお勧めできません。

4.ナナホシテントウムシを放つ
写真のように、アブラムシを、よく食べてくれます。
殺虫剤を使うとナナホシテントウもいなくなるので、注意です。

5.無農薬殺虫剤を使う
市販の無農薬殺虫剤が、多くあります。
ニーム、木酢液、焼酎と唐辛子の液、
被害が小さいうちでしたら、効果も抜群です。
我が家でも使っています。

6.コンパニオンプランツを植える
コンパニオンプランツ、
ハーブや匂いのきつい植物といっしょに、
野菜を植えると効果があります。

長ネギやニンニク、ニラ、チャービル、パセリなどを、
野菜の間に植え込むと害虫が減少します。