tuti1.jpg

はじめは品質の良い培養土を使っていても、
野菜などを栽培するうちに質が落ちてきます。

有機物が分解されて土が細かくなって(単粒化)、
水はけや通気性が悪くなったり、
土が酸性化したりするためです。

しかし、古くなった土も再生させれば、
何回でも栽培に使えます。
毎年改良していけば、用土は何回でも使用できます。

ただし、連作を嫌う野菜は、同じ用土で
続けて栽培しないように気をつけましょう。

連作するとその野菜を好む病害虫が多くなり、
その野菜の出す排泄物が集積して
生育に悪影響を与えたりするからです。


古土再生方法

1.栽培が終わったら、植物の残渣を抜き取り、
  プランターから土を出して2〜3日乾燥させ、
  目の粗いフルイで鉢底石と残渣と土とに分けます。

2.土は細かいフルイにもう一度かけて、
  野菜作りにむかない細かすぎる土を取り除きます。
  取り除いた土は、細かいタネをまいたり、
  庭土等に使うと良いでしょう。

  残った土の20%の量の堆肥と、苦土石灰を
  適量入れて混ぜます。

  苦土石灰の量は、9号・10号鉢なら15g、
  標準プランターや袋なら20g、
  発泡スチロール箱なら30g、
  深型標準プランターなら40gを目安にします。

3.植物の残渣(葉、茎、根など)は、土の改良に
  役立つ有機物です。
  細かく刻んで1ヶ所に積んで乾かします。

  1L当たり2〜5gの化成肥料を混ぜて、
  微生物の分解活動を促進させます。
  (このときの化成肥料は分解に使われるため、
   次の栽培の肥料分にはなりません)

   病気になった株や虫のついた葉は
   再生に使用すると被害を起こすので、
   必ずゴミとして捨て、再生には使用しません。

4.プランターに鉢底石を入れ、植物の残渣を
  1〜2cm厚さに入れ、9分目まで土を入れて
  完成です。

  植物の残渣は次の栽培をしているうちに
  すっかり分解されてしまいます。


連作障害出やすい野菜出にくい野菜

・連作障害の出にくい野菜
ダイコン、ツケナ類(コマツナ、チンゲンサイなど)、
ネギ、タマネギ、サツマイモ等

・1年間休んだほうが良い野菜
カブ、ホウレンソウ、ミツバなど

・2年間休んだほうが良い野菜
インゲン、キュウリ、キャベツ、サラダナ、ジャガイモ、
レタスなど

・3〜4年間休んだほうが良い野菜
トウガラシ、ピーマン、メロンなど

・4〜5年間休んだほうが良い野菜
トマト、ナス、サヤエンドウ、ゴボウなど