tanemaki1.jpg
タネまき、簡単なようで意外に難しいです


プランター栽培では、タネ、苗を選ぶときに、
耐病性があり生命力が強く、
早く収穫できる早生の品種を選びます。
ミニ品種もおすすめです。

よい性質が出るよう人工的に掛け合わせて作られた、
F1品種(一代交配種)は、生育が旺盛で、
特性の病気に抵抗性を持つものも多いので、
少し値段は高めですが、利用してみるとよいでしょう。

虫食いなどで株を失ってもよいようにタネはやや多めにまき、
少しずつ間引きながら生育の良いものを残していきます。


タネまき方法

タネまきには主に下記の3種類の方法があります。

・条まき 
 1列にまきます。
 間引くときは、少しずつ等間隔に間引いて、
 最終株間まで広げていきます。
 ニンジンやコマツナなどは、このまき方です。

・点まき 
 1ヶ所に数粒ずつまきます。
 間隔は、最終株間と同じにし、発芽し、
 混んで来たら間引き始め、最後は1本だけ残します。
 果菜や根菜などのほか、育苗する場合も点まきにします。

・ばらまき
 なるべく等間隔になるように一面にタネをまきます。
 発芽し、混んで来たら間引きます。
 袋や鉢栽培を行うときは、このまき方にします。
 袋や鉢栽培の場合は、条まきもやりやすい方法です。


タネまきコツ

植物の特性を知って、タネをまきます。
タネ袋にまき方が記されています。

タネをまく前に、あらかじめ土を湿らせておきます。
サイドに水の流れる溝を作ります。
指で凹みを作ってから、タネをまきます。

一般にタネの厚さの3倍くらい土をかぶせ、
シャワー付きジョウロで十分に水やりをします。

ニンジンやレタスのように、タネが発芽するときに
光が必要な好光性種子のばあいは、
ごく浅い溝にタネをまき、
タネが隠れる程度に薄く土をかぶせます。


間引き方法

間引きで最も大切なことは、
残す株を傷めないようにすることです。

条まきや、双葉・本葉1〜2枚程度の頃は、
残す株のまわりの土が浮き上がらないよう手で押さえて、
周りの株を引き抜きます。

点まきや、株が大きくなってからの間引きは、
間引く株を根元からハサミで切り取ると、
残す株が傷まず安心です。