zucchini1.jpg
ズッキーニの苗、これからが楽しみ♪


zucchini2.jpg
ズッキーニ、プランターでも元気に育ちます


ズッキーニは見た目はキュウリに似ていますが、
実はカボチャの仲間です。

カボチャと異なりつるの節間が短く、
ズングリ型の成長をするので場所を取らず、
プランターでもよく育ちます。


肉やトマトと相性がよく、
炒め物や天ぷらなどの油料理とよく合います。
低カロリーでビタミンAも豊富です。


zucchini3.jpg
ズッキーニ、実ってくるのが嬉しいです


■栽培管理

果皮が濃緑色で雄花の多い「ダイナー」や、
果皮が濃黄色で初期に雄花が多く雌花が少なめの、
「オーラム」などがあります。
どちらの品種も耐病性があるので、育てやすいでしょう

・容器
つるはあまり伸びませんが、株が大きくなるので、
プランターは大きいほうがよいですが、
標準プランターでも一本植えならよく育ちます。

・タネまきと育苗
直まきが、成育が順調でおすすめです。

4月10日〜15日頃、1ヶ所当たり4粒まき、
ホットキャップをかぶせて保温します。
ホットキャップは裾を土で押さえて、
換気用の小穴を開けておきます。

苗が大きくなったら天井のビニルを破り、
少しずつ穴を大きくして外気に慣らします。

葉が重なるようになったら随時間引きをして、
最終的に1本にします。

苗を購入する場合は、葉の色が濃く、
本葉が2〜3枚ついた、しっかりした苗を選びます。

・支柱立て
間引きが終わったら、できれば短い支柱を立てて、
親づるを安定させます。

ズッキーニの節間は非常に短く、
ズングリ型に生長しますが、
葉を展開しながら40〜50cmは、
茎上に伸びていきます。

実がついて重くなると、途中で折れることもあるため、
支柱があると安心です。

節の付け根から子づるが出たら摘み取って、
親づる1本仕立てにします。

・肥料
定植時に元肥として、深型標準プランターなら30g、
発泡スチロール箱なら40g、
ジャンボプランターなら60g、
9号鉢なら15〜20gを目安に施します。

以後20日ごとに3〜4回、追肥を施します。

肥料は条溝施肥、または条施肥とします。

肥料分が多過ぎると茂り過ぎて、
実つきが悪くなるので注意します。

・水やり
ズッキーニの根は浅く、乾きやすいため、
毎日たっぷりと水やりを行いましょう。

・人工授粉
栽培株数が少ない場合は、
自然受粉がむずかしい場合もあるので、
人工授粉を行いましょう。

雌花が咲いたら、午前9時までにその日咲いた雄花を取って、
花粉を雌花の柱頭(めしべ)にこすりつけます。

「ダイナー」は開花し始めの時期は、
雄花の数が非常に少ないので、
「オーラム」など雄花が多い品種を、
混植するとよいでしょう。


zucchiniC.jpg
ズッキーニのピザ、なかなかのお味です


■収穫

開花後約4日目で20cm前後に育ったものが収穫適期です。
ハサミなどで切り取って収穫しますが、
茎に刺があるので注意します。

果実の肥大が早く、どんどん大きくなりますが、
2〜3日収穫が遅れて大きくなりすぎたものでも、
やわらかく食べることができます。

ただし、株の疲労を少なくするためにも、
早めの若どりを心掛けましょう。

花付きの幼果も料理に使えます。


■病害虫

ウイルス病を媒介するアブラムシや、ウドンコ病に注意します。
黄色く枯れた下葉はすぐに取り、
風通しをよくして病気予防に努めます。


■ズッキーニのわかりやすい育て方
・ズッキーニ 支柱を立てよう
・ズッキーニの雌花が枯れる実が腐る理由は?
・ズッキーニの育て方(地植え)|無農薬栽培で花ズッキーニも収穫!
・ズッキーニのプランター栽培|2品種混植で人工授粉を確実に
・ズッキーニとは?|実だけでなく花も美味♪
・ズッキーニ 茎折れの予防は?
・ズッキーニ 受粉方法は?
・ズッキーニ 初心者向きの育て方 
・ズッキーニ 肥料は?
・ズッキーニ 間引き
 カテゴリ
 タグ