zucchiniA.jpg
ズッキーニの花と小さな果実


zucchiniB.jpg
ズッキーニ、どんどん生長します


arrow46-011.gif栽培ポイント
1.株が蒸れないように注意します
2.ポリマルチか敷きわらで乾燥を防止します
3.収穫は早目を心掛けましょう


ズッキーニは、最近はすっかりおなじみになった野菜です。
揚げ物や炒め物にされることが多く、
煮込み料理ラタトゥイユには欠かせません。

花も食べられることができ、採りたての花に、
詰め物をしてあげたものを食すことができるのも、
家庭菜園の醍醐味です。

見た目はキュウリに似ていますが、
ズッキーニは「ペポかぼちゃ」というかぼちゃの一種で、
キンシウリやバターナッツの仲間です。


■品種
緑色種の「ダイナー」、黄色種の「オーラム」などが
育てやすいでしょう。


■栽培管理

・まき場所
日当りと水はけがよい場所を選びます。
やせ地の場合は堆肥と苦土石灰をたっぷりまき、
深く耕しておきます。

タネまきの2週間前までに化成肥料を
1u当たり2握りまいて、1m幅の高畝を作っておきます。

・タネまき
サクラの散るのを目安に、株間50cmになるよう、
ビール瓶の底を押し付けてまき穴をつくり、
1ヶ所に4〜5粒まきます。

しっかり覆土してたっぷり水やりをしたら、
ホットキャップをかぶせます。
発芽するまでは乾かさないようにします。

・間引き
本葉2〜3枚のころから間引き始めます。
根元から引き抜くように間引き、
後は成長に合わせてキャップを破りながら大きくします。

・敷きわら
ホットキャップをはずしたら、
乾燥を抑えるために根元に敷きわらをします。

タネまきの際にマルチングをしておいてもよいでしょう。

・追肥
生育が思わしくないようなら、液体肥料で成長を促します。

・水やり
根が浅く、乾き過ぎると傷むので、
植えつけ後や乾燥が続くときにはたっぷりと水を与えます。

葉が茂ると水やりの水が届きにくく、
また、日当たりも悪くなるので、適当に摘み取ります。

・人工授粉
雌花、雄花が別々に咲くので、着果を確実にするには、
人工授粉を行うと良いでしょう。

雄花の花粉の寿命は数時間しかないので、
朝9時までに、その日咲いた雄花の花粉を雌花につけ、
受粉します。

雄花がない場合は、トマトホーン100倍液で、
処理してもよいでしょう。


zucchiniR.jpg
ラタトゥイユにしてもおいしいです


■収穫

開花後4日目から、ヘタの上をハサミで切って収穫します。
15〜20cmの未熟果から順に切り取り、
遅くとも開花後1週間以内には収穫します。

小さいうちに収穫していれば株も疲れず、
長く収穫が続けられます。

雨の日の収穫は、軟腐病の原因になるので避けます。

ズッキーニの花を収穫する場合は、
開花したばかりの雌花を収穫します。


■病害虫

蒸れるとモザイク病や灰色かび病などが出やすいので、
茂りすぎたら葉を摘み取って整理します。

葉脈に沿って入る白い模様はうどんこ病のようにも見えますが、
ズッキーニの場合は病気ではありません。