Pumpkin1.jpg
カボチャの苗たち


Pumpkin2.jpg
カボチャの花と実


カボチャは生命力が強く、
初心者にも作りやすい野菜です。
カロテン、ビタミンCをはじめとして栄養が豊富な上、
冬至まで保存でき、重宝します。

ミニサイズの品種を選べば、
つるもコンパクトで、場所をとりません。
「ほっこり姫」などがよいでしょう。

大玉品種も、着果数を1株1果にすれば、
栽培することができます。


■栽培管理

・容器
土量の多い容器が望ましいですが、
大きさにあった株数にすれば、
どの容器でも栽培できます。

標準プランターで2〜3株、
菜園プランターや発泡スチロール箱で4株、
9号鉢で1株を目安にします。

・用土
用土は標準のもので大丈夫ですが、
古土を使用する場合は、ウリ科の連作は避けます。

・タネまきと育苗
4月上旬、4×5cmのセルトレイに、
一穴に1粒ずつタネまきをし、保温育苗機で
保温育苗します。
発芽したら倒れないように、割り箸などで
仮支柱します。

やや低温でも成長するので、4月上旬に
直まきして、ビニルトンネルで保温してもよいでしょう。

直まきの場合は株間20〜30cmに2〜3粒ずつ
点まきし、本葉3枚までに各場所1本に間引きます。

市販の苗を購入する場合は、双葉がついて、
がっちりした苗を選びます。

・定植
4月下旬〜5月上旬、本葉が2枚の頃、
株間20cmで定植します。

標準プランターなら2〜3株、9号鉢なら1株、
菜園プランターや発泡スチロール箱なら4株を
目安とします。

・肥料
つるだけが伸びてしまう「つるボケ」を防ぐために
元肥の窒素分は控えめにします。

定植時、または最終間引き後に元肥として、
標準プランターなら20g、9号鉢なら15g、
菜園プランターや発泡スチロール箱なら40gを
目安として与えます。

以後、20日ごとに3回追肥します。

・整枝
カボチャの畑栽培では摘芯して2〜3本仕立てにしますが、
プランター栽培では摘芯せずに1本仕立てにし、
1株1〜2果にするほうが良い実が取れます。

着果するとツルの伸びが自然と止まるので、
整枝も楽です。

支柱を立てて親づるをあんどん型に誘引したり、
支柱を立てずにプランターの上でつるを、
グルグルと”とぐろ”を巻くようにしてもよいでしょう。

・人工授粉
雌花、雄花が別々に咲くので、着果を確実にするには
人工授粉を行うと良いでしょう。

雄花の花粉の寿命は数時間しかないので、
朝9時までに、その日咲いた雄花の花粉を雌花につけ、
受粉します。

雌花の一番花が雄花より先に咲いて受粉できなかった場合は、
慌てず、二番花に受粉します。

・水やり
表面の土が乾いたら、水をたっぷりと与えます。


Pumpkin3.jpg
カボチャが大きくなってきました


Pumpkinw.jpg
カボチャの煮物、家庭菜園産は美味です!


■収穫

受粉から40〜45日して、ヘタの部分がコルク化し、
完熟した頃に収穫します。


■病害虫

葉や花が白く粉をふくウドンコ病は、
特に梅雨明けに多く発生します。

かかってからでは防除しにくいので、
梅雨前からの予防が大切です。

高温多湿、通気性不良、日照不足などに注意し、
枯葉や、病気になった葉は早めに取り除いて、
株を清潔に保ちます。

農薬は、トリフミン水和剤などを、
安全防除基準を守って使います。