tomato4.jpg
トマトの色の変化も楽しいです


tomato6.jpg
黄色のフルーツトマトもお料理に活躍


ミニトマトは生命力が強く、鈴なりに実をつけるため、
初心者でも収穫しやすく、作りやすい野菜です。
プランターでもたくさんの実をつけてくれます。

ミニトマトのプランター栽培の方法をご紹介していきます。

ミニトマトは、大玉トマト同様ビタミンCやリコピンを、
多く含んでいます。

光をたいへん好むため、太陽の光がよく当たる場所を、
選んで栽培しましょう。
日照不足になると花粉の充実が悪く、落花の原因となります。


Regina.JPG
トマトの苗作り(種から育てる場合、最初はレジナのような丈の低いトマトが楽です)


■栽培管理

・容器
容器が深く大きいものほど「段数」と呼ばれる、
果房数を多く収穫できるので、
出来るだけ深型の容器が良いでしょう。

しかし、標準プランター程度でも、
三段程度で摘芯し、果実に栄養が、
行き渡るように管理すれば、
甘く良いトマトが収穫できます。

・用土
トマトは連作を嫌うので、
連作のない新しい土を使いましょう。

古土を使う場合は、ナス科野菜を過去4〜5年は、
栽培していない土を使います。


mini-tomato02.JPG
ミニトマト、アイコの接ぎ木苗


・苗購入
双葉が元気で、節と節の間が詰まった、
がっしりした苗を選びます。
病気に強い接ぎ木苗をもちいるとより安心です。


mini-tomato01.JPG
ポットから抜いた苗、このくらいの根のまわり方が最適です


・定植
5月上旬頃、株間は15〜20cm程度あけて定植します。
ポットから抜き、そっと植えます。

花芽がある苗は、収穫しやすいよう花の向きを、
容器の外側に向けて植えます。

浅めに埋めて土を寄せ、排水が良いように、
植えるところを山形にします。

定植したら支柱を立てて、支えます。
ミニトマトは高く成長するので、165cmくらいの、
長めの支柱が良いでしょう。

・肥料
定植時に元肥を条溝施肥します。
標準プランターなら20g、
深型菜園プランターなら50gを目安にします。

その後、20日ごとに3回追肥します。
トマトは実が完熟するまでつけておくので、
樹の負担が大きく、樹のスタミナを持続させることが大切です。
10〜14日に一度くらい液肥も施しましょう。

・水やり
土が乾かないよう、たっぷりと水やりをします。


tomato2028129-723f0.JPG
印がわき芽です


・整枝と誘引
トマトは葉の付け根からわき芽(側枝)が出ます。
ほうっておくとどんどん茂りって花をつけ、
1つ1つの実に栄養が行き渡りません。

無駄に養分を使わないよう、わき芽は早めに、
かきとり、1本仕立てにします。

傷口から病気が入りやすいので、
わき芽かきは晴天の日に行いましょう。
わき芽は、手で簡単に取れます。
>>トマトのわき芽かきと利用法は?

支柱は倒れないようにしっかり立て、
成長に応じて誘引します。
茎は太くなるのでヒモはゆるめに、
8の字に結びます。

誘引が遅れると枝が垂れ下がり、
樹勢が落ち成長が鈍くなってしまいます。


Sicilian.JPG
人工授粉で第一花房に着果させました(シシリアンルージュ)


・人口受粉
トマトの第一花房の花は必ず着果させるようにします。
そうすると、その後の生育が安定し結実が促進され収穫量も増えます。
午前中の9時くらいまでに、筆などで、花の中をそっとなでてあげます。

・摘芯
プランターの大きさに応じて、
果実をつける段数(果房数)を決めます。
放任すると茎葉の生長に栄養を取られてしまい、
果実が十分に充実しません。

標準プランターや深型菜園プランターなら3〜4段、
ジャンボプランターなら4〜5段程度です。

最上段にする果房から上3枚の葉は、
その下の果実に栄養を送るので残し、
それより上をハサミで切ります。


tomato7.jpg
トマトは、朝採りですぐに食べるのが美味


■収穫

ヘタの付け根まで赤く完熟したら、収穫できます。
収穫は朝がおすすめです。

トマトやナスなどの果菜類は、
日中、葉の光合成で作られた養分が、
夜中に果実に移動して蓄えられます。
早朝が一番養分が充実して、栄養も味も優れています。


■病害虫

赤い果実は、ムクドリやヒヨドリに狙われます。
予防のために、光を良く通す不織布やサンサンネットなどで、
覆うと良いでしょう。

病虫害の心配はほとんどありません。

■トマトのわかりやすい育て方
・トマトの鳥害対策
・トマトのひび割れ、原因と対策は?
・ミニトマトの育て方|形色、好みの品種を栽培しよう!
・トマトの育て方|病虫害発生前に収穫するのがコツ!
・トマトのプランター栽培|摘芯と摘果で大きく甘く育てます
・ミニトマト ベランダ栽培のコツ