tomato (3).JPG
トマトが熟してくるとうれしいです


tomatoB.jpg
青いトマトも目に鮮やかです


arrow46-011.gif栽培ポイント
1.ナス科との連作は避けましょう
2.肥沃な場所に植えます
3.病害虫を防ぎます
4.盛夏前に育て終えます


トマトはアンデス地方が原産で、高温と
日当たりを好みます。

トマトの赤色のもとはリコピンという色素で、
抗酸化作用が強いとされ、注目されています。


■品種

「ひかり」「栗原」「大型福寿」など、
病気に強い品種を選ぶとよいでしょう。


■栽培管理

・苗の入手
色の良い大きな本葉が8〜10枚ついた、
がっしりとした苗を選びます。

・植え場所
日当たりと水はけが良く、肥沃な場所を選びます。
ただし、トマトを含め、ナス、ジャガイモ、ピーマン、
トウガラシなど、ナス科の野菜は続けて作ると、
連作障害といって、病気を引き起こしやすくなります。

違う科の野菜を植えて、4〜5年は間をあけるようにします。

植え付け2週間前に、1uあたり2握りの苦土石灰をまいて、
よく耕しておきます。

畝幅を80cmにして、中央に深さ20〜30cmの溝を掘り、
元肥を1株当たり堆肥1kg、化成肥料か乾燥鶏ふんなど、
1握りずつを施して、軽く混ぜます。
土を埋め戻して、畝を完成させます。

トマトは、適度な水分を含む土質を好むので、
火山灰や砂質土の場合は、
あらかじめ堆肥などの有機質肥料をたっぷり施し、
植え付け後は敷きわらなどをします。

・植え付け
4月下旬〜5月上旬の、気温が安定した頃、
暖かい日の午前中に植え付けます。

50〜60cm間隔で、苗のポットより広く浅く掘った穴に、
根鉢を崩さないように苗を植え付けます。

・支柱立て
トマトは浅植えで植え付けるため、
植え付けたら支柱を立てます。

根元から少し離れたところに、1.5〜2mの支柱を立てます。
2条植えならやや長めの支柱を使い、外側に立てて、
1.5mほどの高さで交差させて合掌式にすると安定します。

いずれも、横に棒を渡して頑丈にしておきます。
たっぷり水やりをしたら、軽く引っ張るように誘引して、
ビニタイなどで止めておきます。
茎が太るので、ゆるく止めましょう。

・敷きわら
乾燥防止に、畝全体を敷きわらなどで厚く覆います。
雨のはね返りを抑えるので、
病害虫防除にも効果が期待できます。

植え付け前に、ポリマルチをしても良いでしょう。

・わき芽摘み
トマトはわき芽もよく伸びます。
しかし、実の数を制限して栄養を行き渡らせたほうが、
おいしい実に育ちますので、中央の1本のみを伸ばします。

出てくるわき芽は見つけ次第指でかきとるか、
ハサミで切り落とします。

・追肥と土寄せ
2〜3週間ごとに2〜3回追肥します。
1株あたり1握りずつ油かすや魚かすなどを施して、
軽くすき込み、根元に土を寄せます。


・摘芯
本葉8〜9枚目に最初の花房をつけたあと、
下のほうから順に、本葉2〜3枚ごとに花房がつきます。

下から2番目の花房がつく頃までに、
冷風に当たったり肥料不足になったりすると、
花が落ちることがあります。

落花防止と着花促進のために、
トマトトーンなどのホルモン剤を利用しても良いでしょう。

下から5番目の第5花房まで残し、それより上は
葉2〜3枚を残して芯を摘みます。
これは、病害虫の発生や高温乾燥で落果する前、
8月中に収穫を終わらせるためです。


tomatoC.jpg
家庭菜園のトマトは格別のおいしさです!


■収穫

盛夏の高温乾燥は落花したり、
病害虫の発生が増えたりするので、
植え付け後はできるだけ早く成長を促し、
8月中に収穫を終わらせるようにします。

開花後45〜50日ほどたち、実が十分に赤く
なったものから収穫します。
実を横向きにするだけで、簡単に収穫できます。


■病害虫

梅雨頃から葉、茎、果実が枯れる疫病には、
ダコニール、オーソサイド、ダイセンなどを散布します。
ジャガイモから離して作ったり、
過湿と乾燥を防いで雨のはね返りを抑える、
マルチングや敷きわらなども効果があります。

しおれて立ち枯れ状態になるのは、
青枯れ病や萎凋病で、いずれも根から起こります。
連作障害の1つなので、ナス科の連作を避け、
耐病性のある品種を選ぶようにします。

葉が縮れたり、針のようにとがったり、
モザイク状の斑点ができたりしたら、モザイク病です。
モザイク病にかかったら、他の株に移らないうちに、
早めに焼却処分します。

実を狙って鳥もやってくるため、
ミカンのネットをかけるなど、
身近にあるものを利用して防ぎましょう。