tasaiA.jpg
タアサイ、プランターでも栽培できます


tasaiB.jpg
タアサイ、寒さに当てるとおいしくなります


arrow46-011.gif栽培ポイント
1.アブラナ科の連作はしません
2.アブラムシ防除に努めます
3.春まきは小さいうちから収穫を開始します


タアサイは、チンゲンサイの仲間で葉柄が白い、
パクチョイを改良して作られました。

寒くなると葉が放射状に地中から直接出て、
”ロゼット状”という状態になり、
まるでバラの花のように広がります。
暖かい時期は茎を伸ばし立ち性となります。

秋まきにして寒さに合わせたほうが、
味が良くなります。


■品種

品種は特になく、タアサイ、タアツァイ、キサラギナ、
などの名前で流通しています。

「緑彩1号」「緑彩2号」が良く出回っています。


■栽培管理

耐寒性が特に強く、寒い時期に収穫するほうが、
やわらかくおいしいものが食べられます。

春は立ち性のものを収穫します。

・まき場所
タネまき2週間前に、苦土石灰をまいて耕しておきます。
1週間前に、1u当たり堆肥バケツ1杯、
化成肥料2握りの元肥を施し、60cm幅のベッド畝にします。

・タネまき
8月下旬〜10月上旬、狭い場所なら前面にあらくばらまき、
長い畝では15cmの条間ですじまきにします。
厚まきにならないように注意します。

また、移殖も簡単なので、ポリポットにまいて
20〜30日で本葉3〜5枚に育ててから、
定植してもよいでしょう。

春まきするなら、4月上旬〜中旬頃、
夜間温度12〜15℃で管理します。

・間引き
発芽後、本葉が出揃ったところで1回目の
間引きをします。
混み合ったところから間引いて、株間を
2〜3cmにします。

隣の根をいためないように注意します。

本葉3〜4枚になったら、2度目の間引きをします。
春まきは立ち性なので、株間を若干密にし、
10〜15cmとします。

秋まきは株がロゼット上に広がって冬を迎えるので、
本葉5〜6枚で株間は20cmにします。

間引いた苗も食べられますが、
虫害で欠けた部分などに移殖し、
育てなおしても良いでしょう。

・追肥と土寄せ
生育状況を見て畝間に化成肥料をばらまき、
土寄せしておきます。

液体肥料でもかまいませんが、
窒素分は控えます。

・水やり
残暑が続く間は水やりをします。
特に、発芽するまでの間は、
土を乾かさないように管理します。


tasaiC.jpg
タアサイの炒め物、美味です!


■収穫

秋まきはタネまき後80日、
春まきは60日くらいで収穫できます。

寒さにあてたほうがおいしいですが、厳寒期は、
笹やよしずなどを立てて、寒風よけとします。


■病害虫

アブラムシに注意します。
有機質肥料が土表に出ないようにすることも大切です。