santosaiA.jpg
サントウサイ、間引き菜もおいしいです


santosai.jpg
サントウサイ、育てやすく料理に活躍♪


arrow46-011.gif栽培ポイント
1.ハクサイの栽培に準じます
2.水はけ、水もちのよい土作りをします
3.寒さよけをして葉を守ります


サントウサイ(サントウナ、山東菜)は結球しないハクサイです。
サントウサイが改良されて、
ハクサイが作られました。

そのため、サントウサイの栽培方法も、
ハクサイに準じますが、栽培期間が短い分、
ハクサイより楽です。

サントウサイはハクサイよりあくがなく、
おひたしなどに合いますし、
漬物にするとあっさりした味に仕上がります。


■品種

葉先の丸い丸葉種の「丸葉山東菜」、
葉先が縮れている切葉種の、
「新あずま山東菜」「EXキング」などが
作りやすいでしょう。

主に関東で作られている小型のベカナでは、
「はまみなと」がよいでしょう。


■栽培管理

栽培方法はハクサイに準じます。
サントウサイは乾燥に弱いので、水はけ、
水もちのよい肥沃な土地がよいですが、
やせ地でもよく育ちます。

耐寒性はありますが暑さには弱いため、
秋まきにします。

・まき場所
あらかじめ1uあたり苦土石灰2握りを
まいて耕しておきます。
そこへ堆肥バケツ2杯、化成肥料2握りを施して、
全体的に深く耕し、60〜70cm幅のベッド畝を作ります。

・タネまき
8月中旬〜9月中旬にまきます。

30〜40cmおきにビール瓶の底などを押し付けて、
まき穴を作ります。
そこに5〜6粒ずつタネをまき、薄く覆土をして押さえ、
たっぷり水やりをします。

発芽するまで乾かさないように管理します。
4〜5日で発芽します。

・間引き
本葉2枚で3〜4本、本葉3〜4枚で2〜3本、
本葉6〜7本で1本になるように間引きます。

・追肥と土寄せ
9月下旬と10月中旬ころ、追肥します。
1株当たり化成肥料1握りを畝肩に施し、
軽く耕して土寄せをします。

その後、乾燥を抑えるために敷きわらをします。

・水やり
乾燥が激しい場合、たっぷりと水やりします。

・冬越し
サントウサイは寒さには強いですが、
霜がおりてからは、葉が傷むようなら、
風よけを立てたり、ハクサイのように、
外葉で株全体を包んでしばっておきます。


santosaiC.jpg
サントウサイ、ゴマ酢味噌和え


■収穫

ある程度大きくなったら、間引きながら利用します。
結球はしないので、中心部が黄色く色づいてきたら
付け根を包丁で切り取って収穫します。


■病害虫

サントウサイは連作障害のおきやすいアブラナ科の
野菜なので、アブラナ科の連作は避け、
耐病性のある品種を選びます。

2〜3年はアブラナ科野菜を栽培していない場所に
植えつけましょう。

水はけが悪いと、べと病になりやすくなります。

間引き収穫するため、アブラムシやヨトウムシなどが
発生しても、薬剤散布しにくいため、害虫が入り込まないよう
全体に寒冷紗のトンネルをかけるなどしたほうがよいでしょう。