tinngensaiA.jpg
チンゲンサイ、自家製はやわらかく歯応えが良いです


tinngensaiB.jpg
チンゲンサイ、間引きながら収穫できます


arrow46-011.gif栽培ポイント
1.連作は避け、苦土石灰で酸性土を中和します
2.元肥と追肥で肥料を十分に与えます
3.高温期は寒冷紗などで暑さを避けます


チンゲンサイはハクサイの仲間で、
結球しない小白菜に分類されます。

油との相性がよいので、ゆでるときも油を入れると、
風味がアップします。

青軸のチンゲンサイ(青梗菜)と、
白軸のパクチョイ(白菜)に分けられます。
チンゲンサイとパクチョイは、
若干栽培方法が異なります。

この項では、チンゲンサイの栽培方法について
ご紹介します。


■品種

中国の品種が改良されて、
日本のチンゲンサイができました。

「青帝」「長江」「長陽」「敦煌」などのほか、
小型の「クーニャン」も育てやすいでしょう。


■栽培管理

チンゲンサイは白菜の仲間のため、
夏の高温多湿を苦手とします。

育てやすいのは、春まきか秋まきです。
春まきの場合は、トウ立ちする前に収穫します。

・まき場所
チンゲンサイは酸性土を嫌います。
タネまきの2週間前に、1u当たり2握りの、
苦土石灰をまいて耕しておきます。

肥沃な土を好むので、タネまきの1週間前には、
1u当たり堆肥バケツ1杯、化成肥料2握りを施し、
50cm幅の畝を作ります。

・タネまき
春まきは4月〜5月、秋まきは8月下旬〜9月下旬、
畝の上を平らにならし、30cm幅ぐらいで、
全面にタネをばらまきます。

覆土は薄くして、クワの背で軽く押さえ、
たっぷり水やりをして乾かさないように管理します。

4〜5日で発芽します。

春早くまくときは、12〜13℃以下の低温にあうと、
花芽ができトウが立つので、トンネル栽培にして保温し、
15℃以下にならないようにします。

・間引き
本葉が出てきたら、混み合ってきたところから、
葉がふれ合わない程度に間引きます。
本葉5〜6枚で株間10〜12cmになるようにします。

大きすぎるもの、小さすぎるもの、
病害虫の害があるものなどを取り除き、
1回の間引きで大体数が半分くらいになるのを目安にします。
残した苗の大きさが揃うようにするのがコツです。

秋まきは、間引き収穫をしながら、
株間を20cmにしていきます。

・追肥と土寄せ
生育具合を見て1〜2回、化成肥料をまいて土寄せするか、
液体肥料を追肥します。

・水やり
乾燥が激しい場合、たっぷりと水やりします。


tingensaiC.jpg
チンゲンサイは中華風炒め物にぴったり♪


■収穫

株元が4〜5cm立ち上がり、15cmくらいに伸びたら、
付け根を切り取り収穫します。
タネまきから40〜50日で収穫できます。

秋まきで霜がおりるようになったら、
寒冷紗かビニールトンネルをかけます。

春まきは、少し小さくても、
トウ立ちが始まる前に収穫しましょう。

収穫したら濡れ新聞紙にくるみ、ビニール袋などに密封し、
冷蔵庫に立てると1週間ほど持ちます。


■病害虫

アブラムシ、コナガ、アオムシなどが発生するので、
見つけ次第早めに除虫菊乳剤で防除します。

秋まきなら寒冷紗かベタ掛けフィルムを利用すると、
防虫効果が期待できます。

べと病や白さび病対策は、過湿にならないように注意します。

根こぶ病対策は、植え付け時にフロンサイド剤を散布します。
また、1〜2年の間にアブラナ科の野菜を植えた場所を
避けて栽培するようにします。