syungikuA.jpg
シュンギク、育てやすく栄養豊富です


syungikuC.jpg
採り残したシュンギクの花も綺麗♪


arrow46-011.gif栽培ポイント
1.摘み取り収穫を続けるなら、
  株立ちしない品種を選びましょう
2.土づくりが根を作ります
3.酸性土は中和します


シュンギクは名前の通り、春にトウ立ちして、
菊のような花を咲かせます。
そのため、秋まきにした方が長く収穫できます。

シュンギクは寒さに強いほうですが、
ホウレンソウやコマツナほどではないので、
冬は霜よけや風よけが必要になります。


■品種

シュンギクの収穫方法には、
摘み取り収穫と
切り取り収穫がありますが、
家庭菜園で人気のあるのは、
収穫を長く楽しめる摘み取り収穫の方です。

摘み取り収穫に向いている品種には、
「さとあきら」「きわめ中葉」などがあります。

「株張り中葉」など株元からたくさん芽が伸びるタイプは、
摘み取り収穫には向かず、一度に収穫する切り取り収穫が良いです。
切り取り収穫は、春まき栽培に向いています。


■栽培管理

シュンギクは品種改良が進み、
一年中タネまきができますが、
発芽・生育適温が15〜20℃と涼しい気候を好むので、
秋まきか春まきが育てやすいでしょう。

日が長くなるとトウ立ちする性質がありますので、
春まきは早く育てて収穫します。

・まき場所
シュンギクは連作障害の出の出にくい野菜なので、
2〜3年なら連作可能です。

シュンギクは酸性土を嫌うので、タネまきの2週間前に、
1uあたり2握りの苦土石灰をまいて耕しておきます。

幅60cmの畝に、クワ幅で深さ15cmのまき溝を掘り、
1mにつき堆肥バケツ1杯、化成肥料2握りを施し、
2〜3cmの間土をします。

たくさんまく場合は元肥を全面施肥して、
30〜100cm幅のベッド畝にします。

・タネまき
秋まきは9月中旬〜下旬、
春まきは3月中旬〜下旬に行います。

まき溝に重ならないようにばらまきします。
ベッド畝の場合は、15cm間隔のまき溝に、
すじまきにします。

タネが隠れる程度に薄く覆土して押さえ、
水やりをして、発芽するまで乾かさないように管理します。

シュンギクの種は、発芽に光を必要とする、
好光性種子なので、覆土はごく薄くかけます。

晩秋や早春にタネをまく場合は、
地温を上げるため、
ビニールなどでマルチングするとよいでしょう。

シュンギクは1週間ほどで発芽しますが、
発芽率はあまりよくないほうです。

・間引きと追肥
本葉1〜2枚から、混み合ったところを、
間引いていきます。

本葉4〜5枚で株間5〜6cmにし、
追肥をします。

まき溝のサイドに沿って化成肥料などを施し、
中耕、土寄せをします。
冬の栽培時は、敷きわらもしましょう。

・水やり
乾燥が激しい場合、たっぷりと水やりします。

・防寒対策
シュンギクは5℃以下になると、生育が急に劣ります。
葉が傷みやすいため、晩秋から冬には、
ビニールフィルムや不織布でトンネルにし、
防寒するとよいでしょう。


syungikuD.jpg
シュンギクは鍋に玉子とじや、麺類、サラダにも重宝します。


■収穫

株間10〜15cmになるよう、間引き収穫します。
草丈が20cmほどになったら、本葉4〜5枚を残して、
ハサミやナイフで摘心するように収穫し、
残した葉のわき芽を伸ばしていきます。

伸びたわき芽は2葉残して摘み、そこからまたわき芽を伸ばして、
再び収穫します。
これを繰り返して収穫します。

春まきはトウが立つため、タネまき後1ヶ月で、
切り取り収穫します。


■病虫害

シュンギクの病害虫の被害は、少ないほうです。
秋まきはヨトウムシやネキリムシ、
春まきはアブラムシやスリップスを防除するくらいです。

葉に筋状の模様ができたら、マメハモグリバエ の被害です。
生育期に、殺虫剤「ベストガード粒剤」を株元に散布すると、
被害を抑えられます。