goboubatake.jpg
ゴボウ畑


gobou hana.jpg
ゴボウの花はアザミのよう


arrow46-011.gif栽培ポイント
1.苦土石灰で土の酸性を中和する
2.肥沃な土を深く耕しておく
3.覆土は薄くし、発芽まで土を乾かさない


ゴボウは食物繊維の多い野菜で、
皮と身の間に栄養も香りも凝縮されています。
スーパーで売られている洗いゴボウは、
この栄養も香りもこすり落とされてしまっていますので、
家庭菜園のゴボウは、栄養価も高いです。

ゴボウに含まれているイヌリンという成分は、
血中血糖値を下げる効果があり、注目されています。


■品種

ゴボウは、根が長いほど栽培期間も長いため、
最近は根が短い「サラダむすめ」などの品種に人気があります。

また、家庭菜園ではあまり深くまで耕すことができないため、
そういった面からも短根種の方が育てやすいです。

春から秋までまける「渡辺早生」、
細長い滝野川系の「山田早生」などのほか、
生食向きの「ダイエット」なども、育てやすい品種です。


■栽培管理

ゴボウは20〜25℃でもっともよく育ちますが、
30℃以上の高温にも耐えられます。
そのため、タネを春まき(4月〜5月)にして、
秋(10月下旬〜12月)に収穫するか、
秋まき(9月下旬)にして翌年の初夏(6月〜7月上旬)に収穫します。

秋まきでは、春まきより収穫期の気温が高くなるので、
収穫適期は短くなります。
また、秋まきではとう立ちが問題となるので、
秋まきに適した品種を植えるとよいでしょう。

ゴボウの栽培期間は長いので、菜園プランによっては、
栽培期間の短い品種を選ぶとよいでしょう。

・まき場所
ゴボウは連作障害が出るので、
一度植えたら4〜5年は間をあけます。

ゴボウの出来は土質に左右されやすく、
火山灰土のような軽く乾いた土より、
沖積土のほうが、肉質が密で香りも豊かに育ちます。

タネまき2週間前には、酸性土を中和するため、
苦土石灰を撒いて深く耕し、40cm幅のベッド畝を作ります。

このとき、根が曲がったりまた根の原因になる、
土中の石や固い土の塊などを取り除いておきましょう。

この時点では元肥は施しませんが、やせ地の場合は種が発芽したら、
苗の列沿いに1uあたり堆肥3〜4kgと化成肥料2握りを施します。

・タネまき
タネは、新しいものを用います。
春まきなら4月〜5月に、秋まきなら9月下旬にまきます。

15cm間隔で1ヶ所当たり3〜4粒まく点まきにするか、
15cmの条間ですじまきにします。
種が隠れる程度(5mmくらい)に覆土をして押さえ、水やりをします。
ゴボウタネは発芽するのに光が必要な好光性種子なので、
覆土が厚いと光が届かず、発芽しなくなってしまいます。

土を乾かさないように管理していれば、約2週間で発芽します。

・間引き
本葉が出てきたら間引きをします。
小さすぎたり、大きすぎたりするものを抜き、
残す苗の大きさを均等にします。

葉が直立していないで横に広がっているような苗は、
根が変形している場合が多いので、
そういう苗を優先して間引くとよいです。

本葉3枚で、点まきなら1ヶ所当たり1本、
すじまきなら15cm間隔になるように、2〜3回間引きます。

・追肥と土寄せ
本葉3〜4枚から草丈30cmになるまでの間に2回、
株元に化成肥料を施して、その度に中耕と土寄せをします。


gobouhori.jpg
いよいよゴボウ掘り


■収穫

品種ごとの収穫日数を目安に、茎葉が大きくなって、
枯れかけてきたら、少し土を掘って根の太さを確認し、
2cmぐらいで収穫を始めます。
根径1〜1.5cmのものを若ゴボウとして収穫してもよいでしょう。

葉柄を短く刈り取り、根に沿うように土を深く掘り、
その穴に倒すような気持ちで引き抜くと、折らずに収穫できます。

穴は、根を傷つけないように根の少し横を掘ります。
穴の直径は小さくてもよいので、真下に深く掘りましょう。

収穫したゴボウを保存したい場合は、土中に斜めに埋めなおします。


■病害虫

アブラムシ防除と、トヨウムシ、ネキリムシ類などに注意します。