daikonA.jpg
みずみずしくジューシーなダイコン


daikonx.jpg
ダイコンは畑作りが大切です


arrow46-011.gif栽培ポイント
1.畑は深く耕し、かたまりを取り除きます
2.タネの下には元肥を入れないようにします
3.すが入らないように収穫を終えましょう


ダイコンは寒さに強く、冷涼な気候を好みますが、
日本ではほぼ一年中栽培されています。

ダイコンには、消化酵素のジアスターゼ(アミラーゼ)が、
多量に含まれていて、胃もたれや胸焼けに効果があります。
また昔から、咳止めや痰、のどの痛みなどの、
民間薬として利用されてきました。

ダイコンの葉は捨てられがちですが、
実は根よりもさらに栄養価が高くなっています。


■品種

青首大根が主流です。

長さ40cm前後の「夏みの早生三号」、
短太系の「おこのみ」、秋まきの「聖護院」などがあります。
また、内部まで緑色や紅色の中国ダイコンもあります。


■栽培管理

春まき(3月中旬〜4月上旬)、夏まき(6月上旬〜中旬)、
秋まき(8月下旬〜9月中旬)がありますが、
ダイコンは冷涼な気候を好むため、作りやすいのは秋まきです。

土質が花崗岩のようなかたい土では、短太系を選ぶようにします。

・まき場所
水はけの良い場所に、タネまきの2週間以上前までに、
苦土石灰を1uあたり2握りまきます。
30〜40cmの深さに耕し、
かたまりを崩してゴミを取り除きます。

痩せ地の場合は堆肥や化成肥料を畝間に施してから、
畝幅60〜70cmの平畝を作ります。

・タネまき
クワ幅の深さ3〜4cmの溝へ、
25〜30cmおきに元肥として化成肥料1握りを入れます。
肥料を避け、元肥と元肥の間に、
タネ間を1cm以上あけて5〜6粒ずつ点まきします。
薄く土で覆い、水やりをすると、2〜3日で発芽します。

覆土した上に、腐葉土やもみ殻をかけておくと、
土の乾きと泥はねを予防できます。
畝全体に不織布を張ってもよいでしょう。

・間引き
発芽後10〜15日で本葉1〜2枚になります。
この頃、最初の間引きをします。
1ヶ所当たり3〜4株に間引きます。

本葉が5〜6枚になったら、
1本を残して、2回目の間引きをします。

間引くときは、根元を持って、
残す株の土を押さえてまっすぐに引き抜きます。

間引いた苗は柔らかいので、間引き菜として、
お浸しや汁の浮き実などに利用すると美味です。

・追肥と土寄せ
2回目の間引き後に、畝肩に油かすや化成肥料などを、
軽く1握り追肥し、畝間や株間の土を軽く耕す中耕をし、
株の根元に土をかぶせる土寄せも行います。

青首ダイコン以外は、土寄せをしないと、
日に当たって苦くなることがあります。

・水やり
タネが発芽するまでは、土を乾かさないように管理します。
発芽後は、土が乾いたらたっぷりと水やりします。


■収穫

春まき、夏まきはタネまき後40〜60日、
秋まきは早生種で50〜60日、
遅くても90〜100日で収穫できます。

日数を目安とし、葉が広がってきたら、
地上部の首の太り具合を見て、早めに収穫しましょう。
首の太さが6〜7cmになったら収穫できます。

収穫が遅くなると、すが入りやすくなります。
葉柄の断面に空洞があれば、すが入ってしまっています。
遅くとも、初霜の前には収穫しましょう。

また、秋に収穫する品種を早春にまくと、
とう立ちしやすくなりますので注意します。


daikonC.jpg
干しダイコン


■病害虫

高温期にはアブラムシが多発するので、
薬剤などの予防散布を定期的に行います。
また、モザイク病の発生も多くなります。

夏まきは、根を食害するキスジノミハムシが発生しやすいので、
タネまき時にオルトラン粒剤やダイシストンを、
土に良く混ぜておくのが有効です。

地際から腐る軟腐病になった場合は、連作を避けましょう。

key00011818.html">[ダイコン] ブログ村キーワード
 カテゴリ