soramame hatuga.jpg
ソラマメの発芽


タネのまき方が良いと、発芽率が断然違ってきます。
また、野菜の種類によってもタネのまき方は、変わります。 


タネ袋の裏におおまかなタネまきの方法が説明してありますので、
まずどのようにまくのか読んでみましょう。
慣れてくると、じょうずにタネまきができるようになります。


タネまき方

タネのまき方は、大きく3パターンに分けられます。


minitomato300.jpg

・条まき(すじまき)-ミニトマトの例↑
土に溝状に穴を掘り、その中で等間隔でタネをまく方法です。
すじは、板などの側面を使うと簡単につけられます。

ホウレンソウなどの葉もの野菜や、
ミニニンジンなどの小さめの根菜類などは、
すじまきが向いています。


soramame tenmaki.jpg

・点まき−ソラマメの例↑
間隔をあけてまき場所を作り、1ヶ所に数粒ずつまきます。
まき場所は、指で穴を作ったり、
ビール瓶の底を押し付けてまき穴を作ったりします。
トマト、ナス、キュウリ、マメ類などは、点まきにします。


Basilico.jpg

・ばらまき−バジルの例↑
全体に均等にまきます。
リーフレタスやチンゲンサイなどの、
葉もの野菜などは、ばらまきにします。

一般的に、タネが小さかったり発芽率が悪い、
品種の場合は多めにばらまきにし、
発芽しやすく大きなタネは少量を点まきにします。


タネまく場所

タネまきの方法は、大きく2つに分けられます。
「直まき」と「箱まき」です。

「直まき」と「箱まき」、どちらのまき方にするかは、
植え替えをするかどうかで決まります。


・直まき
プランターや畑など、収穫する場所にタネをまき、
植え替えをせず育てていきます。

ダイコンやゴボウなどの根菜のように移植を嫌うものや、
葉物野菜やラディッシュのように短期間に育成するもの、
根が弱くて移植に適さない野菜などは、この方法で行います。

・箱まき(ポットまき)
箱や育苗用のポリポットなどにタネをまき、
苗を作ってから畑に植え付ける方法です。

移殖することで細根が増えるもの、
気温が安定しない時期にまきたいときなどにこの方法を用います。


タネ発芽するには

・発芽の条件
タネが発芽する条件には、適切な水分と光線があります。

タネまき後は普通、タネの大きさの2〜3倍の厚さに土をかけ、
軽く押さえてタネと土とを密着させ、たっぷり水やりをします。

水分を吸収しにくいかたいタネは、あらかじめ1晩水につけたり、
まく前にタネに傷をつけたりします。
オクラやミツバのタネは、このような前処理を必要とします。

タネと土とを密着させるの理由は、タネと土の間に隙間があると、
タネが水分を吸収できず、なかなか根が出なくなるからです。 


特に微細なタネの場合、水やりの前にしっかり土になじませないと、
水に流れてしまうことがあるので注意しましょう。

・覆土の厚さは?
覆土の厚さは、一般的にはタネの大きさの、
約2〜3倍の厚さといわれていますが、
発芽に光を必要とする好光性か、
逆に光があると発芽しない嫌光性かによっても変わってきます。

嫌光性のタネには、ネギやダイコンなどがあります。
好光性のタネには、ゴボウやミツバ、レタスなどがあります。


薄い覆土するときは、周囲の土をそっと寄せる程度にしたり、
ふるいで土をうっすらかけるようにします。
レタスやセロリなど、好光性で細かいタネの場合は、
土はかけずに板やクワなどで押さえるだけがよいタネもあります。

 カテゴリ
 タグ