suika-new1.jpg
スイカは果肉にたっぷりと水分を含んでいて、
猛暑に食べると爽やかで清涼感を感じます


スイカは水分が多い食べ物であるというイメージからか、
栽培する時にもたくさんの水が必要と思われていることが多いですが、
本当なのでしょうか。

スイカ栽培での適切な水やりの方法や、
水を与え過ぎた時に出る症状などをまとめました。


[スイカ 水の与え過ぎ] 


■スイカ栽培での水やりの基本

スイカはたくさんの水分を含んでいますが、実際に育てる時には、
水を与えれば与えるほど、よく育つというわけではありません。

まずはスイカ栽培での水やりの基本をご紹介します。

・地植え
地植えでスイカを育てる場合は、
生育段階や栽培環境によって、水やりの頻度が変わります。

雨よけしていない場所で育てている場合、
雨が当たるため、毎日水やりをする必要はありません。

ただし苗の定植直後は、まだ根が広がっていないため、水切れしやすい状態です。
根付くまでの間は、あかり乾かさないように注意します。

活着後も、まだ気温が生育温度まで上がっていない時期で、葉数も少ないので、
よほど土が乾燥して地割れを起こさない限りは、無理に与えてはいけません。

梅雨が明けて気温が上がり、雨が降らない日が1週間以上続いた場合は、
たっぷりと水を与えるようにします。

乾湿の差を作ることにより、根が水を求めて生長し、ガッシリとした株に育ちます。

着果した後も、同じ要領で水やりを続けますが、
葉数も増えている頃なので、土の乾燥には気を配りましょう。


suika-new2.jpg
泥はねしないよう、ワラマルチをすると良いです
 

akakodama.jpg
10号の鉢や袋、標準プランターでも小玉スイカは育てられます、
ジャンボプランターなら、大玉スイカ1〜2個採りが可能です


・プランター栽培
プランターや鉢など容器栽培では、地植えよりも土の量が制限されているため、
乾燥しやすい環境となります。

定植後に強く乾燥させないのは共通していますが、
雨の当たる場所で栽培している場合であっても、
根付いた後も雨まかせにはできません。

毎朝、土の状態をチェックして、乾いているようであれば、
容器の底から水が出てくるまで、たっぷりと水を与えます。

ただし、使用する容器はあらかじめ大きいものを使っているはずなので、
梅雨明け前や葉数が少ないうちは、表面が乾いていても、
中の土が湿っていることがよくあります。

中が湿っているうちに水を与えると、過湿になる可能性が出てくるので、
中まで乾いているかどうかを見極めることが重要です。

葉数が増えてきて、着果した後は、さらに土が乾きやすくなるので、
朝と夕方の両方に土のチェックを行い、乾いていれば水を与えます。


suika-new7.jpg
傘で雨除けしている光景を見ました^^)


・収穫前
スイカは、収穫直前だけ水を切っておくと、味が濃厚になるといわれています。
無理な水制限は命取りになることがあるのでお勧めしませんが、
栽培に慣れてきた方は、収穫の数日前から水を切ってみてはいかがでしょうか。

厳しい環境に置くことで実に養分を送り込み、
余分な水気がなくなるので、風味が良くなります。


■スイカ 水の与え過ぎによって出る症状

スイカ栽培に水は必要不可欠ですが、与えすぎは問題です。
適切量以上の水を与えると、いったいどのような症状が出てくるのでしょうか。

・根腐れ
水のやりすぎによって出る症状の代表として、根腐れがあります。
スイカの根は細根が多く、水分や養分を貪欲に吸収します。

根腐れは、根が呼吸できない状態が続くことで根が傷み、
弱って機能しなくなる状態です。

水を与えることで、土には水分と新鮮な空気が含まれます。
この空気は植物が育つうえでとても大切なものなのですが、
空気よりも水分が多くなることによって、根は呼吸できなくなります。

特に水はけの悪い土では、空気よりも水分の方が多く含まれますし、
水分を保持している時間が長くなるため、
呼吸できずに根腐れを起こしやすくなります。

水やりをする時に、土の乾湿をチェックするのはもちろんですが、
栽培前に土作りをしっかりと行い、
水はけと水もちの良い土を目指すことも大切です。

・過繁茂
水を必要以上に与えていると、過繁茂の原因になることがあります。

過繁茂になると、つるや葉がよく茂ってくるため、
見た目は生育が良いように見えます。

ところが、花付きが悪くなるため、着果数が激減し、
いわゆるつるボケと呼ばれる状態になることがあるのです。

水をたくさん与えることで、土の中の水分が増えます。
この時、土に含まれている肥料分や養分が水に溶けるため、
吸収される養分量が多くなります。

養分が多くなると、肥料過多の状態となり、過繁茂になるのです。

スイカは元肥を控えめにしますが、適切な量の水を与えることも、
肥料過多を防ぐ方法の1つです。

・徒長
水やりのしすぎによって、徒長もしやすくなります。

植物は夜も生長していますが、この時に温度が高く、水分量も多い状態になると、
光がないのにつるが伸び、葉を増やします。

光のない時間帯に株が大きくなると、
日照不足と同じ状態となるため、徒長してくるのです。

徒長すると、ひょろひょろとつるは細く軟弱になり、
病害虫の被害が出やすくなります。


rekka.jpg
裂果! 画像を撮るのに冷蔵庫に入れていたら、母が美味しい♪ と食べてしまいました


・裂果
スイカの果肉には、たくさんの水分が含まれています。
けれど、中の生長と皮の生長が合っていないと、
皮が内側の生長についていくことができず、割れてしまいます。
これが裂果です。

もちろん、裂果には別の原因もありますが、
中と外の生長の差によって起こることも多いのです。

■スイカのわかりやすい育て方
・スイカ栽培 割れを防ぐには?
・スイカ 収穫時期は?
・スイカの育て方(地植え)|摘芯摘果と施肥で、大きく甘く栽培
・スイカのプランター栽培|早めの育苗で夏バテする前に収穫します
・スイカ 実がならない理由は?
・スイカを甘く育てるコツは?
・スイカ栽培 肥料は?
・スイカ かかりやすい病気は?
・スイカ畑の準備
・スイカ 雌花が咲かない
 カテゴリ
 タグ