yuzu2016-01.jpg
ユズ、柑橘類のなかでは耐寒性が強いです


ユズは柑橘類の中でも耐寒性が高く、日本でも育てやすい果樹として親しまれています。
春〜夏は白い花が楽しめ、樹が成熟すれば実を楽しむこともできます。

耐寒性が強いとされるユズですが、冬の間に枯れたという話を時々聞きます。
寒さに強いはずのユズが、何故冬の間に枯れてしまうのでしょうか。

また、ユズを無事に冬越しさせる、コツを分かりやすくご紹介していきます。


[ユズ 冬越し]


■ユズの耐寒性

ユズは耐寒性が強いといっても、
あくまでも柑橘類の中ではということなので、過信してはいけません。

ユズはどれほど寒くても耐えられるほど、耐寒性が強くありません。

では、だいたいどれくらいの寒さなら耐えられるかというと、
マイナス7度がボーダーラインとなります。


これよりも寒くなると、寒さによって、株が完全に枯死します。
では、マイナス7度までなら絶対に大丈夫かというと、そうではありません。

確かにマイナス7度までは耐えられますが、それが続くと、
落葉してしまい、著しく株の状態が悪くなることがあります。

マイナス5度くらいで葉が冷害にあい、落葉することが多くなります。
ユズなどの柑橘類は、冬になっても葉を落とさない常緑樹です。

そのため、冬の間はできるだけ健全な葉を残し、株を養生しておくことが大切です。
その大切な葉が、寒さによって傷み、落ちてしまうとどうなるか、想像できるでしょう。

特にまだ株が大きく生長していない幼木の状態では、さらに寒さに弱くなります。
同じマイナス7度の環境でも、成熟した樹なら耐えても、幼木では枯死してしまいます。

ユズは暖かい場所の方が育ちやすいのですが、
気温が低めの場所の方が、良い実がなります。

加減が難しいですが、冬にはしっかり寒くなるけれど、
マイナス5度を下回らない場所というのが、最適なのかもしれません。 



■幼木の耐寒性

ユズの幼木が、成熟した樹に比べて耐寒性が低いのは、
組織がまだまだ柔らかく、弱いためです。

成熟したユズであれば、表皮は硬くなり、寒さに対する抵抗も強くなります。
外側が強くなれば、内部に流れる樹液が凍りにくくなり、寒さに強くなるのです。

3年目までの若い株は、特に寒さに対して注意が必要です。
寒風に当てないようにしたり、防寒するなどして、
冬に落葉しないよう、寒さで樹液が凍らないように工夫してあげましょう。


yuzu2016-02.jpg
大木なら、マイナス5℃まで耐えられるそうです


■冬越しの工夫

日本の寒い冬は、成木になったユズにとっても厳しい環境になることがあります。
まだ若い木ならなおさらのことです。

寒さに耐えられず、春を待たずに突然枯れてしまわないよう、
寒さからユズを守る工夫をしましょう。

・防風
風は意外と寒さを強めます。
無風の場所と風の強いところでは、気温が同じでも、体感温度が全く異なります。

風吹いているだけで寒さが強くなるということは、
冬の間にユズに強い風が当たれば、当然冷害が起きやすくなります。

葉に風が当たることで乾燥して落葉の原因になったり、
強い風によって葉が飛ばされることもあります。

自宅の庭で育てている場合は、風通しを確保しつつ、
強い寒風が吹き付けるような場所は避けるようにします。

風が抜けにくい場所は、暑い時期は蒸れやすくなり、
寒い時は冷気が溜まって冷え込みます。

また、周りが開けている場所も、風の当たりが強くなりすぎる場合があります。
広い場所で育てるなら、防風林で囲むなどして、
ユズに強風を当てないようにしておきます。


yuzu2016-04.jpg
ユズに防寒対策をすると、芽吹きや開花の調子がよくなります


・防寒
冬の寒さによって、株が枯れることはなくても、
葉が傷んで落ちることがあります。

株が若いうちはもちろん、大きくなってからも、
できるだけ冬の間の落葉は避けたいものです。

株に直接寒さが当たらないよう、
不織布などで包み、防寒してあげましょう。

あまり木が大きくなっていると、覆うのが難しくなってきますが、
幼木のうちだけは必ず防寒すると、その後の生長も良くなります。

・徒長枝の処理
生育期間中に発生する徒長枝は、短枝などに比べると弱く、
冷害を受けやすい傾向があります。

幼木はもちろん、成木であっても、徒長枝は剪定して処理しておきましょう。

冬の寒さによって、徒長枝だけが傷むなら良いのですが、
最悪は株全体まで調子を崩し、枯れてしまうことがあります。


どうしても徒長枝を根本から切りたくない場合は、
夏秋枝に尿素を200倍〜300倍に薄め、3回ほど散布します。
こうすることで、枝の緑化が進み、耐寒性が強くなります。

・鉢植えのユズ
鉢植えにして育てているユズは、
鉢に直接寒風がふきつけると、根への影響が地植えよりも大きくなります。

冬の間も日当たりの良い場所に置いて、日光浴させることは重要ですが、
吹きさらしの場所に置いたままにするのは危険です。

夕方以降、冷え込みが強くなってきたら、
軒下などに移動させ、風を避けるようにします。

また、鉢部分を二重にするなどして、
外部からの影響を受けにくいようにしておくのも効果があります。


lemon-bokan (1).JPG
こちらはレモンですが、鉢植えはこのように防寒すると良いです


鉢植えの場合、大きくなっても防寒できる程度であることも多いです。
実をつけるようになって何年も経つような株でも、
不織布で覆って防寒しておくのが安心です。

■関連記事
・本ユズ 庭植えの育て方
・本ユズ 鉢植えの育て方
・ハナユ 庭植えの育て方
・ハナユ 鉢植えの育て方
・ユズ 仕立て方と剪定方法は? 図解
・ユズ 種からの育て方
 カテゴリ
 タグ