nasu02.jpg
ナスの苗が、元気がなくなり萎れたり枯れてしまうことがあります


なぜ枯れてしまったか原因が分からないこともありますが、
こちらでは、ナスの苗が枯れる原因を探ってみました。


■ナス 苗が枯れる

1.病害によるもの
ナスが枯れるほとんどの原因は病害だと思われます。
ナス科の植物は連作に弱いです。

青枯れ病、半身萎ちょう病の他に、根腐疫病があります。
枯れてしまう病気は、この3つが代表的です。
*青枯れ病、半身萎ちょう病については、こちらをご覧ください。
>>ナスの病気

根腐疫病はカビによって発生します。
発生時期は定植直後から梅雨にかけて、
梅雨の時期では特に発生が多いです。
土壌水分が多いことと、気温が20度から25度で発生します。

根腐疫病の症状は、株の元気がなくなり、葉が萎れ、
病気が進むと株全体が萎れ、生育不良になり、葉が黄色くなり、
病害後期になると、枯れてしまいます。

・対策
ともかく連作を控え、畑や用土の排水性を良くします。
根腐疫病は、登録されている防除薬剤が無いので、
他の病害と違って薬剤散布ができません。

農薬登録のない薬剤を使用のは農薬取締法で禁止されています。
家庭菜園の場合でも、農薬散布は控えます。

・枯れてしまった場合
病害にあった苗は迅速に廃棄しましょう。
そのまま置いておくと他の苗に伝染してしまいます。

どの病気なのか分からない場合は近くのJAに行くのが良いでしょう。
指導員、または専門の方が居るはずなので、
病害の特定と、対策を教えてくれます。

2.水不足
ナスの苗が、枯れてしまいそうになったら、1日2回は水をあげましょう。

3.肥料やけ
根が肥料に負けてしまうことを肥料焼やけといいます。
根が傷んでしまい、本来の機能を果たせない状態です。

肥料が多すぎる、苦土石灰を入れすぎて根が痛んでしまった場合に、
根から養分を吸収できずに枯れてしまいます。

苦土石灰を入れすぎてしまった場合は、
土がアルカリ性に傾きすぎてしまったことが原因です。

・対策
・有機物、腐葉土や堆肥などを与えると多少の緩和が見込めます。
・ピートモスを与える。
ピートモスは酸性なのでアルカリ性に混ぜると中和できる、緩和できます。
・ナスを諦めて、アルカリ性に強いホウレンソウ、
レタス、ダイコン、ネギなどを栽培します。


nasu2.JPG
*一昨日、元気だったナスの苗↑が、
いきなり萎れてぺったんこになってしまいました。
プランター栽培で、2苗植え付けたうちの1苗です。
病気だったら、2苗とも調子が悪くなると思うのですが、
ネキリムシでしょうか? 原因、究明中です。

■ナスのわかりやすい育て方
・ナスを連作したいときは?
・ナスが発芽しない苗が枯れる理由は?
・ナスの実がおかしい理由|色が薄い、傷、茶・赤い実が!
・秋ナスを収穫するコツは?
・ナスの追肥の方法と回数は?
・ナスの葉が枯れる落ちる理由は?
・単為結果|実がかたく小さなナスになる原因と対策
・ナスの落花、実がならない短花柱花とは?
・ナスの植え付けのコツ|おいしく大きく!
・ナスの育て方(地植え)|肥料は多めに継続的に施して栽培
・ナスのプランター栽培|剪定で秋ナスの収穫ができます!
・夏野菜 種類と育て方
・ナスの植え付け時期は?
・ナス 大きくならないのは?
・ナス 収穫時期
・ナス 実が割れる理由は?
・ナスの水やり
・ナスの病気
・ナスの害虫
 カテゴリ
 タグ