nasu-itibannka.JPG
ナスの一番花、着果しました


ナスの花が咲いた! 実もできた!
しかし、実が大きくならない……ということがあります。

ナスは、開花から収穫まで約20日かかります。
それでも大きくならない方場合の理由を探ってみました。


■ナス 大きくならないのは?

1.受粉ができていない
普通のナス品種では受粉しないと実が大きくなりません。
うまく受粉させるにはナスを人工授粉します。

2.肥料切れ
ナスは肥料をとても必要とする野菜です。
実ができてからは20日おきくらいに肥料を与えましょう。
一番果はあまり大きくならないので、早めに収穫します。
また、そのほうが、後の着果が良くなります。

3.水不足
ナスは水不足になると生育が悪くなってしまいます。
夏は暑く、すぐに土が乾いてしまいますが、
ナスは乾燥に弱いので、水が不足していると実が大きくなりません。

しかし、水が多すぎると根が腐ってしまう原因となるので適度に水を与えます。

4.低温に当たった
晩夏、初秋になると涼しくなってしまいます。
ナスは熱帯原産の野菜なので低温が続いてしまうと、
肥料の吸収が鈍り、実が大きくならず生育も悪くなってしまいます。

地うえ栽培、プランター・鉢ともに、無駄な葉を切ったり、古い葉も切ります。
土の部分に太陽を当てて地温の上昇、維持をしてください。
秋ナスを目指して更新剪定するも楽しみです。

5.逆に暑すぎる
特にプランター、鉢栽培では土の部分のほかに、
容器に太陽光が当たり地温が上がりすぎると、ナスが大きくなりません。

いくらナスが熱帯原産とはいえ、
暑すぎるのも実が大きくならないので適度な暑さにしましょう。

難しい場合はダンボールなど、光を遮るものをプランター、鉢などに巻きます。

6.太陽に当たっていない
太陽が当たっていないと樹と花の生育が悪くなり、実が大きくなりません。
プランター、鉢ではなく土、ナスに太陽があたるようにします。


実を確実につけ大きくしたい、という場合はホルモン処理も考えてみてください。
普通に栽培していれば気になるほどでもありませんが、
気になる場合は、試してみてください。

最近は受粉をしなくても肥大する品種も出てきているようです。

■ナスのわかりやすい育て方
・ナスを連作したいときは?
・ナスが発芽しない苗が枯れる理由は?
・ナスの実がおかしい理由|色が薄い、傷、茶・赤い実が!
・秋ナスを収穫するコツは?
・ナスの追肥の方法と回数は?
・ナスの葉が枯れる落ちる理由は?
・単為結果|実がかたく小さなナスになる原因と対策
・ナスの落花、実がならない短花柱花とは?
・ナスの植え付けのコツ|おいしく大きく!
・ナスの育て方(地植え)|肥料は多めに継続的に施して栽培
・ナスのプランター栽培|剪定で秋ナスの収穫ができます!
・夏野菜 種類と育て方
・ナスの植え付け時期は?
 カテゴリ
 タグ