odamatomato.JPG
大玉トマト、去年は裂果せず育てました


トマト、ナス、キュウリ、スイカなど夏野菜は、
雨天時には収穫やわき芽かきなど作業を控えるように、
と言いますが、それは何故でしょうか?

その理由や問題点を調べてみました。


■夏野菜 雨天の収穫は?

1.わき芽かき、収穫の切り口が乾燥しにくい
雨の日は湿度が高くなり、作業による切り口が乾燥しにくくなります。
これによって、夏野菜が病害にかかるリスクがぐんと上がってしまいます。
ですから、わき芽かき、収穫もできる限り控えるのが良いです。

また、夏野菜は、マルチ、ワラ、腐葉土などで表土を多い、
泥はね対策をしておくと、病害のリスクをかなり減らせます。


2.病害などの感染リスクが高い
雨の日は湿度が高く、泥もはね、病原菌が活動しやすくなります。
また、切り口から病気に感染する可能性が高まります。

3.雨の日の収穫物は傷みやすい
夏野菜の実が濡れてしまったことにより、
収穫物が傷みやすくなってしまいます。
浸透圧で雨が実の内部に水が染み込んでしまうからです。

ハウスなら収穫しても良いのですが、
屋外では、傷口からの感染を考え、できる限り控えましょう。

4.カビが生えやすい
湿気によりカビが生えやすくなり、灰色カビ病のリスクが高まります。

雨の日が続いてしまうと、褐色腐敗病、すすかび病などが、
発生することもあるので、気をつけます。

どうしても雨の日に作業する場合は、
後で殺虫剤などの農薬を散布するようにしてください。


suika.JPG
見事に裂果しました!


5.裂果しやすい
トマトやスイカなどの夏野菜は、雨が降ると裂果してしまうことがあります。
劣果しにくい品種を選んで栽培するのも良いですし、
あらかじめ、雨よけ対策をしておくのが安心です。

・梅雨時など雨の日が続く時は?
晴れた日に、下葉を刈ったり混んでいる個所を整理して、
できるだけ風通しの良い環境で栽培するようにします。


病気で枯れた部分にも病原菌が残っているので、取り除きます。
湿気が高い日が続くと、どうしても発病しますので、
大規模な農園では、農薬を散布することをお勧めします。

・ベンレート水和剤
ベンレート水和剤は予防と治療の二つの効果を持っているので、
灰色カビ病が発病してからも使用できます。

濃度や回数などは農薬の表面、または裏面の、
詳細説明をよく読んでから散布するようにします。

低濃度で使えるので、作物を汚染することが少ないと言われます。

夏野菜、雨の時の、収穫は控えるようにとのことですが、
キュウリのように1日で大きくなってしまう野菜は、
収穫してすぐに食卓に並べたほうが良さそうです。
 カテゴリ
 タグ