iwatabako2.jpg
イワタバコ、星形の花がかわいいです


・学名 Conandron ramondioides
・科名 イワタバコ科
・属名 イワタバコ属
・開花期 5月下旬?7月中旬
・休眠期 11月下旬?3月
・難易度 初級者向き
・楽しみ方 鉢植え、石づけ



[イワタバコの育て方]


■イワタバコの特徴

イワタバコは、渓谷の岩などの日陰で湿った岸壁に群生します。
しわのある大きな光沢のある葉を垂らして、夏に紫色の星形の花を咲かせます。

イワタバコは、葉がタバコの葉に似ていることから名付けられました。

冬には葉が枯れて、こぶしのような冬芽を作ります。

高い湿度を好み、空気の乾燥を嫌います。

若菜は山菜として食用にされ、
天日乾燥して煎じたものは胃腸薬として服用されます。


■栽培適地と品種

・栽培適地
イワタバコは自生地では岸壁などに生えているため、
日陰の石壁などへの植え付けは可能ですが、
露地植えには向きません。

・用土と鉢
桐生砂5:鹿沼土3:パミス2の配合土の他、桐生砂単用や、
鹿沼土単用、水ごけ単用、赤玉土単用でも栽培できます。

浅い水盤に浸しておくだけでも栽培できます。
中深鉢に群生させると、見応えがあります。

・主な仲間
紫色のほかにも、濃色や白、ピンクなど様々な花色の個体が流通しています。
また、八重咲きや、葉に斑が入る種などもあります。

葉形も変化に富み、5cm以内の小さなものから、
大きなものになると50cmにおよぶものまであります。

遅咲きで葉にしわのないものが西日本に多く、
コイワタバコ、ヒメイワタバコなどと呼ばれています。


iwatabako3.jpg
白のイワタバコも風情があります

・品種
イワタバコの変種として、イリオモテイワタバコが、
西表島などに分布しています。

ケイワタバコは、葉裏や花茎に軟毛があるのが特徴です。


■植え付け・植え替え

・植え付け
植え付けは、3月中旬?4月の、
冬芽の時から芽出し直後が適期です。

イワタバコは根が少ないので、
冬芽で植え付ける時は冬芽の先端が少し見える程度まで、

葉が展開してから植え付ける場合は、
葉の基部まで埋めるようにすると株がぐらつきません。

用土1Lあたり緩効性化成肥料を3g、元肥として加えまます。
リン酸とカリウムが多めの肥料があれば、なお良いです。

植え付け後数日は多めに水を与え、水切れを防ぎます。
また、植え付け後表面にコケを張ると、乾燥を防げます。

・植え替え
植え替え適期は、植え付け同様3月中旬〜4月です。

植え替えは、2年に1回行います。


iwatabako4.jpg
日陰を好みます


■栽培管理

1年を通して日陰で管理します。
直射日光が当たると、葉が焼けてしまいます。

芽出しから葉が固まるまでは明るい日陰でゆったりと生育させ、
夏は緩く風が流れる棚下などが良いでしょう。

秋は少し明るめの日陰に移動して芽を充実させます。

冬は、冬芽が乾燥しないように、
棚下やハウスの日陰などに取り込みます。

落ちた花はカビやすいため、こまめに花がらを摘みます。
花後の花茎も、花が終わったら切り捨てると見苦しくなく、
また、株も充実します。

・水やり
生育期は1日1回水を与えます。
鉢底を浅い水につけて腰水にしてもよいでしょう。

冬芽は乾燥に強いですが、基本的に湿り気を好む植物ですので、
多少湿り気を感じる程度に3日に1回は水を与えます。

・追肥
春と秋に液体肥料を月2回施します。

肥料が多すぎると見苦しくなるため、控えめに施します。


■増やし方

株分けや葉挿しで増やせます。

芽と芽の間に茎があるので、
植え替え時に根が付いていれば、株分けできます。

茎のくびれた部分から、手で折って分けます。
切り口には、念のため防腐剤を塗るとよいでしょう。

葉挿しは、大きな葉を選んで葉柄をつけて外し、
葉脈に沿って4?5cm間隔でカットし、
葉身を埋めるように挿すと、約1ヶ月で発根します。

乾燥しないように、浅く腰水をして、
透明なビニール袋をかけてあげると良いでしょう。

用土は、鹿沼土や赤玉土(小)、水ゴケ、
市販の挿し木用の用土などを用います。

葉挿しは、6月末までに行います。
それ以降に行うと、根が出ても新芽ができないことが多いです。
翌年の2月〜3月に鉢上げをします。


iwatabako1.jpg
ナメクジやヨトウムシの被害に気をつけます


■病害虫

イワタバコの葉は柔らかいため、
ナメクジやヨトウムシの食害に遭いやすいです。

病気は特に心配ありません。

>>もっと山野草を見てみる
 カテゴリ
 タグ