tatutasou60.jpg
タツタソウは別名をイトマキソウともいいます


・学名 Jeffersonia dubia
・科名 メギ科
・属名 タツタソウ属
・開花期 4月中旬〜5月
・休眠期 11月下旬〜3月中旬
・難易度 中級者向き
・楽しみ方 鉢植え、庭植え



[タツタソウの育て方]


■タツタソウの特徴

タツタソウの名前の由来は、
日露戦争時、軍艦「竜田」の乗組員が持ち帰ったことによります。

別名のイトマキソウの由来は、
一部の葉が巻いたままであることから名付けられました。

野生のものは、中国東北部や朝鮮半島北部に見られる多年草です。

日本では北海道〜九州まで広く分布し、
低山〜平地の草地や林内などに生育しています。

葉に先駆けて花茎を伸ばし、
藤色の花を咲かせると同時に葉を開きます。

花弁は5〜8枚で、萼は4枚です。
葉は、二つ折りにした深紅色のハスに似た葉で、
のちに広がり淡緑色になります。

根を触られることを嫌うので、植え替えには注意します。


■栽培適地と品種

・栽培適地
自生地では、落葉樹林下に生息しているため、
それに準じた環境が適しています。

庭植えの場合は、木陰が良いでしょう。
腐葉土を十分にすき込んでから植え付けます。

・用土と鉢
肥沃な用土を好むので、赤玉土4、軽石砂4、腐葉土2などを混ぜます。
市販の山野草用培養土でもよいです。

鉢は、排水・通気性の良い山草鉢のほか、
固焼きといわれるものでもよいでしょう。

鉢の大きさは、根を自然に横へ広げて、
鉢の内壁に先が届くくらいの広鉢が適しています。
深さは、駄温鉢くらいが良いでしょう。

・主な仲間
タツタソウ属は2種しかない小さな属で、
中国と朝鮮半島に自生するタツタソウと、
北米に自生するシロバナタツタソウがあります。

・品種
葉の間に花をつける種類と、葉の上に花をつける種類の2系統があります。


tatutasou61.jpg
花のアップ


■植え付け・植え替え

・植え付け
5月下旬〜6月上旬か、9月下旬〜10月上旬に行います。

鉢にネットとゴロ土を厚めに入れてセットし、
緩効性化成肥料を元肥として加えた用土に植え付けます。

根をいじられることを好まない植物のため、ポットから抜いたら、
中央の根土を崩さないよう、周囲の根を軽くほぐしてから植え付けます。

根は、自然に横に広がるように植え付けます。
根茎を深く植え付けないように注意し、
根をまとめて鉢底に向けて植え付けるようなことは避けます。

・植え替え
植え付け同様、5月下旬〜6月上旬か、9月下旬〜10月上旬に行います。

根を触られることを嫌うので、鉢から抜いた状態で根を1/4ほどカットして、
根先をそろえ、根鉢の周囲だけ古土を落として、やや大きめの鉢に植えこみます。

根の生長が早く、根詰まりを嫌うため、2年に1回は植え替えを行います。


■栽培管理

芽出しから開花までは日に当てて、がっしりと育てます。
花後は30〜50%の遮光とし、柔らかい日差しでゆったりと葉を展開させます。

夏は、強い日差しで葉が焼けがちですので、
棚下か、50〜70%遮光すると良いでしょう。

秋は再び明るい半日陰で管理し、芽の充実を図ります。

耐寒性はありますが、暑さには弱いです。
夏は、風通しよく管理しましょう。

・水やり
水やりは、1日1回、たっぷりと与えます。
夏は夕方以降が良いでしょう。

葉茎が弱いので、水圧に注意します。

休眠期に入ったら、4〜5日に1回程度でよいでしょう。
ただし、休眠期間は地上部がなくなりますが、
あまり乾かしすぎないよう注意します。

・追肥
肥料を好み、花を咲かせるには肥培が必須です。

芽出し後と秋の彼岸前後に1回置き肥をし、
春と秋は液体肥料を月1〜2回施します。


■増やし方

実生と株分けで増やします。

実生は、採りまきします。
発芽後肥培すれば、3〜4年で開花します。

株分けは植え替え時、地上部のバランスを見ながら2〜3株に分け、
新しい鉢に植え付けます。

あまり小さい株に分けると、枯れることもあるので注意します。


■病害虫

病気は、梅雨時期にうどんこ病が出ます。
長期間植え替えを怠っていると、白絹病が発生することがあります。

害虫は、芽出しの頃にアブラムシが付きます。
ハダニやネジラミ(ネコナカイガラムシ)にも注意します。

>>もっと山野草を見てみる
 カテゴリ
 タグ