hanamomo005.jpg
ハナモモ(花桃)はモモの中でも花を観賞する品種、
生育が良く耐寒性に優れ、育てやすい庭木です


・学名 prunus persica
・分類 落葉小高木〜高木
・科名 バラ科
・属名 サクラ属
・原産地 中国
・樹高 3〜8m
・開花時期 3月中旬〜4月中旬



[ハナモモの育て方]


■ハナモモの仲間の特徴

ハナモモは、モモの中でも花を観賞するための品種です。
花色は白、桃色、紅色があり、
樹形も立ち性、枝垂れ性、ほうき性があり、多様です。

ハナモモは古くから日本人に愛されてきた樹木です。
平安時代にはすでに桃の節句が祝われていたそうです。

江戸時代になるとハナモモの品種改良が盛んに行われ、
今も愛されている品種が存在します。

ハナモモは生育が旺盛で耐寒性に富み、育てやすいのも魅力です。


hanamomo006.jpg
しだれ咲くハナモモ


■栽培適地と品種の選び方

・栽培適地
本州以南で栽培が可能です。

・品種選び
矢口:
桃の節句の歌に登場する桃の花は、矢口をさしています。
ハナモモの中では最もポピュラーな品種です。
直径4pの八重で桃色のかわいらしい花がたくさん咲きます。
女の子が誕生した時の記念樹として植えても素敵ですね。

寒緋桃:
立ち性の品種です。
八重咲きで真紅の花を3月から4月にかけて咲かせます。
ハナモモでは最も濃い紅色で、「緋桃」とも呼ばれています。

菊桃:
濃桃色の花弁は細く、菊のような形の花を咲かせます。
桃の中では個性的な品種です。
比較的小型で狭いスペースでの栽培に向いています。

残雪枝垂:
純白の八重の花が枝垂れ枝一杯に花を咲かせます。
花付きが良く、満開時には枝に雪が残っているように見えます。

寿星桃:
矮性で樹高は1mほどで、
あまり手入れをしなくても樹形がよくととのいます。
花は八重咲きで、紅白の花を接ぎ木したものも栽培されています。
別名カラモモとも呼ばれています。


genpeimomo.jpg
源平桃(ゲンペイモモ)
立ち性の品種です。
一つの株に、白と桃色の2色の花を咲かせます。

照手シリーズ:
神奈川県に試験場で開発された、ほうき性の品種です。
紫色がかった花を咲かせるのは「照手姫」、紅色の「照手紅」、
桃色の「照手桃」白色の「照手白」などがあります。
樹形が小さく整うので、色違いを植えて色の違いを楽しむのも素敵です。


■植え付け・植え替え

・植え付け
植え付けは落葉期に行います。
日当たりのよい場所がよく、
日陰に植えると枝が徒長枝花があまりつかなくなります。

土壌はあまり選びませんが、水はけはよくしておきます。
植穴を根鉢より倍くらい大きく掘り上げます。

掘り上げた土に堆肥と腐葉土を混ぜて埋め戻します。
この時、根元を30p程盛り上げておくと水はけがよくなります。
植えた後は支柱を添えておきましょう。

・鉢植えの植え替え
鉢の植え替えは、真夏時期と厳冬期以外は何時でも行うことができます。
生育がよく、根詰まりをおこしやすいので、
毎年植え替えを行う必要があります。

植え替え時は今よりもひと回り大きな鉢に植え替えを行います。
赤玉土に腐葉土を6:4の割合で混ぜたものを用土として使います。


hanamomo001.jpg
花後と落葉期に剪定します


■剪定と仕立て方

剪定は花後と落葉期に行います。
花後の剪定は、花が終わる直前に、
花が咲いた枝の根元2〜3芽を残して切り取ります。

剪定が遅れ、4月以降になってしまうと、
翌年に花が咲かない可能性が高くなります。

落葉期の剪定では、徒長枝や重なり合っている枝、
樹形を乱す枝を切り、樹形を整えます。

ハナモモの花を楽しむのにお勧めの仕立て方に、
3本株立ち仕立てがあります。

花色の違うほうき性の3本の株を底辺が1〜2m、
高さが0.5〜1mの3角形の各辺に配置するように植えます。

開花時期に違う花色の花が一斉に咲くと、
一層花が引き立ち華麗です。


hanamomo007.jpg
蕾がふくらむのも楽しみ


■栽培管理

・水やり
庭植えでは水やりの必要はありません。
鉢植えでは、鉢の土が乾いたら水を与えます。
特に夏時期の乾燥には注意が必要です。

・肥料
庭植えでは、2月から3月の間と9月に油かすを施します。
樹が生長し成木になったら肥料は必要ありません。

鉢植えでは2月中旬から3月中旬と4月中旬から5月中旬、
9月中旬から10月上旬の3回緩効性の化成肥料を施します。

・増やし方
ハナモモは、芽つぎ、腹つぎ、挿し木で増やすことができます。
挿し木は新梢を使って行います。


hanamomo002.jpg
増やし方がいろいろあります


■病害虫

休眠期に石灰硫黄合剤を8〜10倍薄めて散布し、縮葉病を予防します。
カイガラムシにはマシン乳剤を11月頃に散布します。

アブラムシや葉モグリガの幼虫が発生したら、
早めに殺虫剤をまいて駆除しましょう。

■実モモのわかりやすい育て方
・モモの育て方 庭植え|水はけと通気性のよい土を
・モモの育て方 鉢植え|根が詰まりやすいので浅植えに
・モモをおいしく育てるコツ
・モモ 自家受粉できる品種は?
・モモの用土は?
・モモ 袋かけは必要?
・モモ 花が咲かない理由は?
・モモ 実がならない理由は?
・モモ 病気と対策
 カテゴリ
 タグ