Fragaria vesca04.jpg


ワイルドストロベリー(Fragaria vesca)は、
野苺の一種で、ヘビイチゴとはまた違いますが、
エゾヘビイチゴといった別名を持ちます。

主に利用するのは、葉と実の部分で、
果実は、イチゴ同様、甘酸っぱく、とても美味しく食べられます。
葉は、ハーブティーにできます。

また、利用法は食用にするだけではなく、
さまざまな方法がありますので、
ワイルドストロベリーをぜひ活用してみてください。


Fragaria vesca03.jpg
花もかわいらしいです


■ワイルドストロベリーの利用法

ワイルドストロベリーの実には、ビタミンCが豊富に含まれています。
また、ミネラル分も豊富に含まれているので、美容にもとても良いです。

さらに、女性に多い貧血、男性に多い痛風、腎臓疾患など、
さまざまな病気・疾患に良いとされ、古くから薬草として使われています。

また、歯石除去や、タバコやコーヒーなどによる、歯の黄ばみにも効果的。
口の中のケアまでしてくれるなんて、凄い効能ですね。


1.食用・飲用に利用する
実はそのまま生食ができますので、
イチゴ同様、フルーツのように楽しめます。

また、プレーンヨーグルトに混ぜて、
少し潰しながら食べるととても美味しいです。

大量に収穫できたら、
ジャムやソースを作るのも楽しみです。

また、ハーブティーも人気があります。
先ほど紹介したデンタルケアの効果も、
ハーブティーでワイルドストロベリーを摂取すると、
より効果的に得られるということです。

2.観賞用として楽しむ
ワイルドストロベリーは、とても可愛らしい花と実をつけるので、
観賞用としても、とてもおすすめです。


Strawberrypot.jpg
ストロベリーポット C)悠彩堂


イチゴの栽培用として作られた、
ストロベリーポットなどに入れると、より可愛らしさが増します。

植えられる部分がいくつかついているので、
細かく分けて栽培すると、見栄えが良くなります。

さらに、果実は少し垂れ下がったようにつきますので、
ハンギングバスケットに入れて観賞するのもおすすめの方法です。

ハンギングバスケットは、吊るしておくだけですので場所も使わず、
インテリアに最適です。

寄せ植えにも適しているので、
他のハーブと一緒に植えるのも良いと思います。

■関連記事
・ワイルドストロベリーの育て方|一般的なイチゴ栽培と同様です
・ワイルドストロベリー 実がならない原因は?
・ワイルドストロベリー 実が赤くならないのは?
 カテゴリ